ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

空き巣の防犯対策は「ガラス破り」を徹底マーク

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
空き巣の防犯対策は「ガラス破り」を徹底マーク

空き巣の侵入口で最も多いのが「窓」です。なかでも注意すべきは、昨今の侵入窃盗の手口で最も多い「ガラス破り」。ピッキングほど専門知識や技術がなくてもできてしまうだけに注意が必要です。空き巣の防犯対策はこのガラス破りを徹底マークすることが大切。空き巣の手口と対策を見ていきましょう。

空き巣の防犯対策は玄関では不十分

空き巣の防犯対策というと、どうしても玄関ドアのカギにばかり意識が行きますが、昨今の情勢を見ていると玄関ドアのセキュリティを高めるだけでは不十分。というのも現在、主に空き巣に狙われるのは窓だからです。

そして、窓で狙われるのが「ガラス破り」。窓ガラスは割ってしまえば、簡単に家の中に侵入できます。ガラス破りといっても、窓ガラスを全部を割る必要はありません。窓の戸締まりに使うクレセント錠に近い部分をコブシ大に割り、手や棒を使ってクレセント錠を下ろせば、窓を開ける要領で侵入ができてしまいます。

もちろん、コブシ大でもガラスを割れば確かに音は出ますが、ガラスにガムテープなどを貼って割れば大きな音は出なくなります。加えてクレセント錠は、カギと呼ぶにはあまりにもセキュリティが脆弱です。

空き巣の防犯対策で脅威を軽減する

クレセント錠とは、窓などの室内側に取り付けられる金具。回転させる部分が半円形であることからクレセント(三日月)と呼ばれます。もともとは防音などのために窓の密閉度を高めるのが目的。防犯性はほとんど考慮されていません。

ホームセンターなどではクレセント錠用の補助錠が売られています。これはクレセント錠の上げ下げをするためにキーが必要なため、コブシ大程度を割ったくらいでは中に入れません。加えて、そして窓ガラスには防犯フィルムを貼ることも大切。ガラスが割れてもなかなか突き破れません。

空き巣は犯行前に、入念な下見をする傾向があります。補助錠や防犯フィルムなどの空き巣の防犯対策で、ガラス破りの脅威を格段に軽減できるのです。

関連記事リンク(外部サイト)

防犯対策は空き巣が嫌がる4つのポイントを重視
監視カメラはアプリをスマホに入れるだけでOK
空き巣対策!狙われる一軒家はこんな家だった
防犯カメラの設置を自力でするための注意点とは
空き巣の手口「焼き破り」15秒でガラスが割れた

カテゴリー : エンタメ タグ :
ラジオライフ.comの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。