体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

香港から日帰りで楽しむ!世界遺産の街、マカオ一人旅

香港から日帰りで楽しむ!世界遺産の街、マカオ一人旅

ポルトガル統治時代の面影を色濃く残すマカオ。ヨーロッパ式建築や中国古来の町並みが織りなす独特の景観が魅力ですが、香港からフェリーに乗れば日帰りで訪れることもできるんです。今回は筆者が実際に体験した、マカオ弾丸一人旅をご紹介しましょう。

フェリーに乗って気軽に香港からマカオへ

香港から日帰りで楽しむ!世界遺産の街、マカオ一人旅

香港には3つのマカオ行きフェリーターミナルがあります。こちらは香港島の上環にある「マカオフェリーターミナル」。

香港から日帰りで楽しむ!世界遺産の街、マカオ一人旅

飛行機と同じように出国審査があるのでパスポートも必要となります。

香港から日帰りで楽しむ!世界遺産の街、マカオ一人旅

午前10時発の便に乗船。こちらはエコノミークラスの座席。料金は平日昼間マカオ行き約2400円、帰りは約2300円。約1時間の船旅です。

香港から日帰りで楽しむ!世界遺産の街、マカオ一人旅

11時、マカオのアウターハーバーフェリーターミナルに到着。入国審査もあります。

香港から日帰りで楽しむ!世界遺産の街、マカオ一人旅

フェリーターミナル前のバス停。路線バスに乗って市内へ。

ポルトガル統治時代の面影を残すセナド広場

香港から日帰りで楽しむ!世界遺産の街、マカオ一人旅

世界遺産にも指定されており、マカオ歴史地区の中心に位置する「セナド広場」。ポルトガル統治時代の名残を感じる、美しい石畳や南欧風のカラフルな建物に囲まれています。

香港から日帰りで楽しむ!世界遺産の街、マカオ一人旅

真っ白な外壁が美しい「仁慈堂大楼」。1569年にアジア初の慈善福祉施設として設立され、現在は公証役場として使われている建物。

香港から日帰りで楽しむ!世界遺産の街、マカオ一人旅

1929年建築された重厚感ある雰囲気の「中央郵便局」。

香港から日帰りで楽しむ!世界遺産の街、マカオ一人旅

セナド広場の奥に佇む「聖ドミニコ教会」。 1587年にメキシコのドミニコ会の修道士によって創建された教会で、クリーム色の壁、緑のドア、白い漆喰の装飾が印象的。

アジアと西洋が調和する独特の街並み

香港から日帰りで楽しむ!世界遺産の街、マカオ一人旅
1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。