ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

冷奴を温めて具材を乗せれば、腹持ちする酒のつまみになる発見

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
冷奴を温めて具材を乗せれば、腹持ちする酒のつまみになる発見 f:id:Meshi2_IB:20170328105451j:plain

一日の終わりに、温まるつまみで軽く一杯飲みたいと思う時はないですか。

そんなときにおススメなのが「温奴」

冷奴の温かい版ですが、身体も温まるうえヘルシーなのにお腹にもたまるのでつまみに最適です。糖質制限やダイエット中の方にもいいですよね。

ゆきちゃめゴンが、いろんな「温奴」を食べてみてレポートします。

さっぱりヘルシーに「おろしポン酢」

まずはヘルシー系王道の「おろしポン酢」からいきます。

ポン酢のお酢でさっぱりした感じになるので、ちょっと胃腸が弱っている時や食欲がない時でもこれならいけそう!

f:id:uralatokyo:20161014161502j:plain

[材料](1人分) 豆腐 1/2丁 大根おろし お好みで適量 ポン酢 大さじ2〜3ぐらい

f:id:uralatokyo:20161014161558j:plain

豆腐にポン酢をかけてから、ラップをして800Wで2分ほどレンジで温めます。

f:id:uralatokyo:20161014161612j:plain

あとは大根おろしをのせたら完成です。

もちろん冷たくてもおいしい組み合わせですが、温めることによってすごくホッとする味になる気がします。コレで熱燗でも飲んだら幸せ〜。

ちょっと変化球の「キムチチーズ」

あっさりもいいんだけど、なんせ主成分は豆腐。

ちょっとぐらいコッテリした具を乗せてもぜんぜんOKだと思う。むしろウェルカム。

というわけで2つめは「キムチチーズ」です。

f:id:uralatokyo:20161014161938j:plain

[材料](1人分) 豆腐 1/2丁 キムチ お好みで適量 スライスチーズ 1枚 めんつゆ(ストレート)大さじ1.5

こちらも、材料をすべて乗せたらラップをしてレンジで2分!

f:id:uralatokyo:20161014162515j:plain

チーズのとろけ具合とキムチがなんともいいコラボレーション!

キムチとチーズだけでもいいかなと思ってそちらのバージョンも試しましたが、つまみにするには少しめんつゆなどで味を足した方が良いと思います。

豆腐ってそもそもあんまり味がないですからねー。

「めんつゆ+アルファ」バリエーション

3つめはネギたぬき、いってみました。

これは、豆腐に麺つゆをかけてレンジで温めたあと、天かすと刻みネギをトッピングするだけです。

f:id:Meshi2_IB:20170328104940j:plain

天かすのサクっとした食感と、豆腐のふわっとした食感のマッチングがなんともいい感じ。食べ進めていくうちに天かすが麺つゆを吸っていくので、麺つゆはちょっと多めが良さそうです。辛いものが好きな方は、アクセントにちょっと七味などかけてもよいと思います。

このネギたぬきのバリエーションで、上の具だけ変えて……、

胡麻高菜

f:id:Meshi2_IB:20170328105026j:plain

高菜と豆腐、あいますね!

ネギ肉味噌

f:id:Meshi2_IB:20170328105157j:plain

これも肉味噌がいい感じに豆腐に絡んでおいしかったです。

肉味噌を多めにのせたら、麺つゆはなしでもいけそうなので、そうするとさらに簡単ですね。

肉味噌は市販の瓶詰めのものを使いました。

最後にちょっとだけ「豪華バージョン」

「麺つゆ+アルファ」バージョンのちょっと豪華版として、豚肉を使ったものも作ってみました。

f:id:uralatokyo:20161014164534j:plain

[材料](1人分) 豆腐 1/2丁 豚バラ お好みで適量(100gぐらいがおすすめです) めんつゆ(ストレート) 大さじ6

この1品だけ、レンジではなく鍋で作りましたが、少し長めに加熱すればレンジでもできると思います。要は、豚肉に火が通ればOK!

調理方法はすごーくカンタンで……、

f:id:uralatokyo:20161014164841j:plain

材料をぜんぶ鍋に入れて煮るだけ。

豚肉に火が通ればOKなので、5分もかからないと思います。

f:id:uralatokyo:20161014165113j:plain

できました!

これがまた、簡単なわりにおいしいんです。

肉があるので満足感もありますし、ちょっと豪華な感じの温奴です……というか、これ、ほぼ「肉豆腐」という料理かも!?

ヘルシーで温まる「温奴」、ぜひ夕食や晩酌の一品に作ってみてくださいね。

※この記事は2017年3月の情報です。

書いた人:ゆきちゃめゴン

ゆきちゃめゴン

食べることばかり考えています。弱いのにお酒も好きです。ふだんはエディトリアル系を中心にDTPデザイナー。東京の下北沢から渋谷あたりで生きています。万年ダイエッターでしたが、最近痩せることをあきらめました。 Twitter:@yukichamegon

過去記事も読む

関連記事リンク(外部サイト)

「鶯谷」という街でお店をやるということ【ビストロ酒場の店員さんに話を聞く】
この春デビューのクラフトビール初心者に教えたい、オススメ&話題の銘柄【北千住びあマ】
夜仕込んで、朝ウマい! エダジュンの濃厚「卵黄ナンプラー漬け」

カテゴリー : グルメ タグ :
メシ通の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。