ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

苦節7年。仕事を辞めてまで「洗濯物折り畳みマシーン」に情熱を注いだパパ

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
苦節7年。仕事を辞めてまで「洗濯物折り畳みマシーン」に情熱を注いだパパ

以前、TABILABOでも紹介した、全自動洗濯物折り畳みマシーン。見るからに便利そうなこの家電が、多くの人の熱い支持と長い開発期間を経て、とうとう2017年末に予約開始とのこと。

じつは、このマシーンを開発したGal Rosovさんは、働く奥さんと一緒に3人の子どもの面倒を見る「子育てパパ」。完成するまでの道のりは、想像よりも長く険しいものでした。

あらゆる家事のなかで
洗濯物畳みが一番苦手だった…

苦節7年。仕事を辞めてまで「洗濯物折り畳みマシーン」に情熱を注いだパパ

「開発したきっかけ?それはとてもシンプルだよ。もうとにかく洗濯物を畳むのが本当に苦手だったんだ。数ある家事のなかでも一番苦手だよ。

妻と家事の分担を決めたとき、どっちも洗濯物を畳むのがイヤで、押し付け合いになったくらいさ。結局僕がやることになったんだけど、妻は1回も僕の畳んだ洗濯物にOKを出さなかった。しかも子どもは3人いるんだ。わかるだろう?洗濯物はいつでも山積みさ!

家事を手伝ってくれる家電は、世の中にたくさんある。食器洗い機にも乾燥機能がついているし、ロボット掃除機はあいかわらずの大人気だ。洗濯機も乾燥までやってくれる。

それなら、洗濯物を畳むところまでやって欲しい、と思うのが普通だろ?

いろいろ調べた結果、一応ないわけではないということがわかったんだけど、とても一般家庭に置けるようなものじゃなかった。それならもう自分で作るしかない、と思ったのさ」

会社をやめてから苦節7年。
ようやく出荷の見通し

苦節7年。仕事を辞めてまで「洗濯物折り畳みマシーン」に情熱を注いだパパ

Rosovさんは元々ソフトウェア開発の仕事をしていましたが、2010年に思い切って退職。イスラエルに渡り、どうやったらこの洗濯物折り畳みマシーン「FoldiMate」がつくれるか、研究を重ねました。

2012年にはアメリカ・シリコンバレーに引っ越し、起業。2013年には機械的に洗濯機を折り畳む方法で特許を取得し、そして2016年、家族や友人たちから集めた資金を元手に、ようやく初期のプロトタイプが完成しました。

2017年末には予約を受け付けを開始し、2018年末には出荷開始となる見通しとのこと。会社を辞めてから現在まで7年の歳月を経て、Rosovさんの夢はとうとう実現しようとしています。

事前登録している人の数は、すでに20万人。Rosovさんの夢は、世界中の洗濯物畳みに苦しむ人たちの夢でもあったわけです。

こちらの公式ウェブサイトから事前登録が可能です。では最後に、600万回も再生されているこちらの動画も見てもらいましょう。Licensed material used with permission by FoldiMate

関連記事リンク(外部サイト)

「全自動洗濯物たたみ機」がついに出た!家事がますますラクになる
エクササイズしながら洗濯!? これぞ究極のエコ・エアロバイク
洗濯機の水道代を節約する5つの方法

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。