ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

【Chart insight of insight】ガールズグループの理想的な成功は?! 乃木坂46とAKB48のチャートアクションの違い

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
【Chart insight of insight】ガールズグループの理想的な成功は?! 乃木坂46とAKB48のチャートアクションの違い

 ここしばらく、ロングセラーのアーティストばかりピックアップしてきたが、チャートには瞬発力も必要。とくに、初登場で一気に首位を狙えるアーティストは、チャート活性化という意味でも必要な存在だ。そういった意味では、いかに初動で勝負できるかが課題のガールズグループの動きは注目に値する。今週は乃木坂46、先週はAKB48が首位を獲得しているが、彼女たちは微妙にチャートアクションが違う。今回はこの違いに注目してみたい。

 まず、今週1位を獲得したのが、乃木坂46の「インフルエンサー」(【表1】)。セールスポイントが84.9万枚と、それだけでもすごいことだが、この曲は前煽りが上手く成功している。昨年11月以来のリリースということもあり、リリースの1ヶ月ほど前から細かく情報出しを始め、ツイッターでは常に上位をキープ(水色のグラフ)。加えて、ミュージックビデオでも話題性を稼ぎ、こちらも動画閲覧数で強さを見せている(赤のグラフ)。こういったベースを作った上でリリース日を迎え、一気に1位を獲得した。グラフを見れば、その安定感も伝わるはずだ。

 一方、先週1位を獲得していたのは、AKB48の「シュートサイン」(【表2】)。ただし、今週は一気に12位まで下降してしまっている。その理由として、リリースアイテムが多く鮮度が薄いということもあるのかもしれない。ツイッターの指数(水色のグラフ)やラジオのオンエア回数(緑のグラフ)も不安定だし、動画再生数は圏外。とはいえ、初動で129.3万枚という圧倒的な数字を叩き出しているのはさすが。AKB48は曲によってロングセラーになるものもあるので一概にいえないが、この曲に関しては初動のみで勝負ということなのだろう。

 いずれにせよ、ガールズグループのチャートアクションは、露出展開やタイミングによって多様。この次はまた違う動きを見せることもあるというのが、彼女たちの面白さでもあるのだ。text by 栗本斉

関連記事リンク(外部サイト)

【Chart insight of insight】再浮上するのは旬なアーティストの証拠?! Anly+スキマスイッチ=とエド・シーランのユニークなアクション
【Chart insight of insight】もはやロングセラーの常連?! Perfumeが長くチャートに入る理由
【Chart insight of insight】2017年はガールズバンドが席巻する?! SHISHAMOとSilent Sirenに注目

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。