ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

夏フェス出演者続々決定、ブリトニーが15年ぶりの来日、ドレイク『モア・ライフ』が数々の記録を打ち立て首位デビュー:今週の洋楽まとめニュース

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
夏フェス出演者続々決定、ブリトニーが15年ぶりの来日、ドレイク『モア・ライフ』が数々の記録を打ち立て首位デビュー:今週の洋楽まとめニュース

 今週の洋楽まとめニュースは、今年の夏フェスの話題から。2017年7月28日~30日にかけて、新潟・苗場スキー場にて開催される【FUJI ROCK FESTIVAL ’17】の出演アーティスト第3弾が発表になった。今回発表されたのは、先日7年ぶりとなる待望の新作リリースを緊急発表し、今まさに全世界から注目を集めているヴァーチャル・バンド、ゴリラズ。エイフェックス・ツイン、ビョークと、今年のヘッドライナーを飾る刺激的で強力な3組が出揃った。一方、2017年8月19日と20日に開催される【SUMMER SONIC 2017】のヘッドライナーとしてデイヴ・グロール率いる最強のロック・バンド、フー・ファイターズが出演することが決定。2017年は、英・グラストンベリーをはじめ世界の名だたるフェスにも出演が発表されており、満を持してサマソニのステージを踏むことになる。

【FRF ’17】出演アーティスト第3弾発表!ゴリラズ/THE BACK HORN/アルカ/ガラントらの出演が決定
フー・ファイターズ、【SUMMER SONIC 2017】にヘッドライナーとして出演決定

 続いては、4月~6月にかけて行われるおススメの来日公演をピックアップ。特に注目したいのはポール・マッカートニーによる約2年ぶりの来日公演で、東京ドーム3デイズ&日本武道館で行われる予定となっている。また、15年ぶりの来日公演が発表された世界的ポップアイコン、ブリトニー・スピアーズのジャパン・ツアーにも期待だ。他にも、4年ぶりの来日公演を行うサンタナ、約7年ぶりのスタジオ・アルバム『オートマトン』をリリースしたばかりのジャミロクワイ、11年ぶりの日本武道館公演を行うアース・ウィンド&ファイアー、さらにはコールドプレイ、スティーヴン・タイラーの日本初となるソロ・ショーなど、ビッグ・アーティストたちの公演も目白押しとなっている。

いよいよポールがやってくる! 2017年4月~5月の来日公演まとめ
ブリトニー・スピアーズ、15年ぶりのジャパン・ツアーが決定
アース・ウィンド&ファイアー、5都市を巡るジャパン・ツアー決定

 さて、今週の米ビルボード・アルバム・チャートは、ドレイクの“プレイリスト”『モア・ライフ』が、初動50万ユニットを突破し、堂々の首位デビューを果たした。3月18日にサプライズ・リリースされ、初日だけで6000万回を超える再生回数を記録した、『モア・ライフ』。公開24時間の記録としては、エド・シーランの『÷』(ディバイド)が打ち立てた5600万回を上回る、史上最高記録となる。また、ソング・チャート“Hot 100”にアルバム全22曲と他2曲の計24曲がチャートイン。通算で154曲送り込んだことになり、リル・ウェインが保持していた135曲の記録を抜き、ソロ・アーティストとしてチャート史上最多の“Hot 100”ヒット記録保持者となった。

【米ビルボード・アルバム・チャート】ドレイクが数々の記録を打ちたて首位デビュー、リック・ロスが3位に初登場
ドレイクの新作『モア・ライフ』が全米ALチャート初登場1位、前作のストリーミング初動記録を更新
ドレイク、新作『モア・ライフ』から全22曲が米ビルボード・ソング・チャートにランクイン! 様々な記録を更新
様々なスタイルやサンプルを取り入れた、ドレイクの唯一無二なセンスが光る“プレイリスト”『モア・ライフ』(Playlist Review)

 そして、今週の米ビルボード・ソング・チャートは、エド・シーランの「シェイプ・オブ・ユー」が、通算9週目の首位獲得を果たした。先週2位に浮上したブルーノ・マーズの新曲「ザッツ・ワット・アイ・ライク」が入れ替わり、首位に立つかが注目されたが、主要部門を制覇し、今週もNo.1を死守した。一方、この曲が収録されたアルバム『÷』(ディバイド)は2位にダウンし、ドレイクの新作『モア・ライフ』が首位デビューを果たしている。本作『モア・ライフ』からは、昨年10月にリリースされた先行シングル「フェイク・ラブ」が最高位8位をマークするヒットを記録。今週のソング・チャートでは、アルバムのリリースを受けて、先週の31位から15位に急上昇している。

【米ビルボード・ソング・チャート】エド・シーランが9週目のNo.1、ドレイクが24曲エントリーの快挙

 替わって、今週のBillboard JAPAN洋楽チャートは、5週にわたり、首位をキープしてきたオースティン・マホーンの「ダーティ・ワーク」を下し、エド・シーランの「シェイプ・オブ・ユー」が首位に返り咲き、通算4度目のNo.1を獲得した。エアプレイとTwitterポイントで、2位の「ホワット・ドゥ・ユー・ミーン?」ジャスティン・ビーバーと3位「ダーティ・ワーク」オースティン・マホーンを上回り、ストリーミング指標においては洋楽勢TOPの「ホワット・ドゥ・ユー・ミーン?」に僅差で2位となった。全体的にポイントは落ちているものの、顕著にポイントを積み上げ、ロング・ヒットの兆しを見せている。同曲が収録された、最新アルバム『÷』(ディバイド)は、先週6位から惜しくもTOP10圏外の16位へとランクダウンしている。

【ビルボード】エド・シーランが洋楽チャート首位返り咲き、ブルーノがTOP20圏内に5曲エントリーの快挙

今週のその他の注目ニュース
ポール・マッカートニー、制作中のニューAL&コステロやカニエとの曲作りについて語る
ボブ・ディラン、ようやく【ノーベル文学賞】メダルと証書受け取りへ
アデル、ツアーからの引退宣言か
ショーン・メンデス&カミラ・カベロ、エド・シーランのカヴァー映像を公開
フィフス・ハーモニー、日本のファン19,000人を前に圧巻のステージ「ニホンサイコー」

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。