ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

ヴィン・ディーゼル、『ワイスピ』新作の取材で故ポール・ウォーカーを偲び声詰まらせる

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
ヴィン・ディーゼル、『ワイスピ』新作の取材で故ポール・ウォーカーを偲び声詰まらせる

米ラスベガスで映画興行主向けに最新作を紹介する「シネマコン」が先月30日に開幕したが、そこでヴィン・ディーゼルが親友ポール・ウォーカーについて声を詰まらせながら再び故人をしのんだという。

『ワイルド・スピードICE BREAK』に主演するディーゼルは取材を受けた中で、彼の友人であり共演者だったウォーカーについての話題になった。ディーゼルは親友と新作との関係を語り、『Variety』誌によると、その表情には亡くなった友への想いが露になっていたという。

ディーゼルはこれまでもウォーカーが映画製作の原動力となって来たかについて事あるごとに触れ、この映画に関わる者全てにとってこのシリーズを続けて行くことに大きな意味があると述べている。その背景にはウォーカーと過去に交わした約束があるという。

「8作目を作ると約束したのはポール・ウォーカーだから」とディーゼルは語った。「頭の中でその姿が何度も何度も再生されるんだ」

ワイルド・スピード・シリーズのキャストやクルーも期待に応えてくれている。事実、この”ワイスピ”シリーズは8作目で終わらない。この『ICE BREAK』はなんと3部作の1作目ということなので、このワイルドなカー・アクション映画は少なくとも第10作までは製作されるということだ。

「いつもポールが天国から見守ってくれている気がするから、その期待に応えないと」とディーゼルは語る。

6作目から出演しているタイリース・ギブソンもディーゼルと想いは同じのようで「(この作品を)ポール・ウォーカーに捧げる気持ちで全員が動いて作った」と述べている。

ウォーカーはこのシリーズでは中心的人物だった。3作目となる2006年の『ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT』では登場しないが、それ以外の作品には2015年の『ワイルド・スピード SKY MISSION』まで全て出演している。2013年11月30日に起こった事故で他界したとき、『SKY MISSION』は撮影途中だった。『ICE BREAK』はウォーカーが亡くなってから彼のキャラクターが登場しない初めての作品となるが、ディーゼルは親友の存在を感じていたという。

「ポールが残してくれたものはこの映画の1コマ1コマに息づいている」とディーゼルは語る。

『ワイルド・スピード ICE BREAK』は日本で4月28日(金)からゴールデンウイークに公開される。

■参照リンク
http://www.moviefone.com/

関連記事リンク(外部サイト)

ヴィン・ディーゼル、『ワイスピ』新作の取材で故ポール・ウォーカーを偲び声詰まらせる

映画『アナと雪の女王』、当初は全く違うエンディングが用意されていた事が明らかに

ナタリー・ポートマン主演の新作『ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命』はハンカチ必須!? 

ハリソン・フォード、着陸ミスで管制官に「まぬけ」と名乗る

ケイシー・アフレックが白いシーツを被ったお化けを演じる、映画『A Ghost Story』の予告編が公開

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。