体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

格闘技界の大谷!?高校生にして立ち技最強、総合にも進出する【神童】那須川天心の凄さ


ゴング格闘技 2017年4月号
Fujisan.co.jpより

人気が低迷している格闘技界にとんでもない人物が現れたのをご存知でしょうか。今回は、フリーペーパーに携わり沢山の情報を収集するのが仕事(の様な趣味の様な)、秘事鉄・久良有さんに、弱冠18歳にして、有りルール初挑戦で二大殿堂ルンピニー・スタジアム現役王者に1ラウンドKO勝ち、昨年末に行われた格闘技大会RIZINで総合デビューを果たし、3日間で2試合を行い両試合ともKO、1本勝ちをした那須川天心という、大注目の格闘家を紹介頂きました。

 

プロデビューから世界タイトル獲得

 

2014年7月、キックボクシング団体RISEでデビュー。アマチュアの実績が考慮されデビュー戦から当時RISEバンタム級7位の現役ランカー有松朝との対戦という破格のデビュー戦を行い、1R58秒でKO勝利を飾った。

 

その後4連勝(うちKO3)を収め、プロ6戦目の2015年5月31日RISE105にて当時9連勝中であったRISEバンタム級王者・村越優汰に挑戦。1ラウンドに終盤にダウンを奪うと2ラウンドに3度のダウンを奪いKO勝利。RISE史上最年少記録となる16歳での王座獲得に成功した。

 

その2か月後の8月1日に各団体の代表8人の選手が一同に集まり、一夜で王者を決める1DAYトーナメントBLADE.2 JAPAN CUP -55kgが行われた。当然、天心には注目が集まり、絶対的優勝候補と呼ばれ周囲の期待は「誰が天心を止めるのか」という言葉が囁かれていた。

 

結果は全試合KO勝利という圧倒的な強さで優勝を果たした。


Fight&Life(ファイト&ライフ) 2015-08-22 発売号
Fujisan.co.jpより

 

それから7ヶ月後の2016年3月12日、RISE 110にてISKAオリエンタルルール世界バンタム級王座決定戦でフレッド・コルデイロに挑戦。コルデイロは2階級上の60kg級でも試合をするなど体格とパワーで上回った相手に対して1Rから圧倒し、2Rにはカウンターの膝蹴りでダウンを奪ったが、2R中に左拳を怪我を、4Rにはバッティングをするというアクシデントに見舞われたが、そのまま優勢に試合を進め3-0で判定勝利。プロ13戦目の17歳にしえ世界王座を獲得した。

1 2 3次のページ
マガジンサミットの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会