体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ビルを殴ってコースを破壊、飛んでるボールに体当たり。巨大ロボたちの“ゴルフ”バトルゲーム『100ft Robot Golf』で決めろ必殺スーパーショット!

image10
 
そろそろアニメの放送クールが切り替わるシーズンだ。気に入っていた作品の最終回に涙し、新しい作品に期待を寄せる。アニメファンの皆さんは今、さぞかしそわそわされていることだろう。さて、今回はそんなアニメへの愛が詰まったゲーム『100ft Robot Golf』を紹介しよう。

image01
  
『100ft Robot Golf』はアメリカ、シアトルに拠点を置くインディゲームディベロッパーNo Goblinが開発した作品だ。このゲームが発表されたのは2015年のPlayStation Experience。PS4は発売よりインディゲームの配信に力を入れており、本作もそうした作品の一つとして大舞台で発表された。

No Goblinは、海外ゲームメディアのEurogamer.netなどで評価された『Roundabout』の開発として知られており、あの有力なディベロッパーの新作がPS4で!と世界に発表されたのである。筆者の私もこれはすごいぞと当時興奮していた。

だが、悲しいかな。そこはインディゲームである。世界に向けて情報が発信されようとも、ローカライズされるとは限らない。本作は2016年10月にPSStoreで発売されたが、日本向けのローカライズはなされず日本のPS Storeでは配信されなかった。非常に残念なことではあるが、仕方のないことだ。本作に注目していた日本のファンは、正規の方法で遊ぶ方法はないと半ばあきらめていたのである。

だが、そんな暗闇に突然光明が差した。Steam版が配信されたのである。これに日本のファンは沸いた。ついに!ついに『100ft Robot Golf』が遊べるぞ!

ただ、PS4版の売りのひとつであったPSVRモードは、HTC ViveやOculusに対応せずオミットされた。VRゲームとして本作に期待していた人は、PS4版の日本ストアでの発売を待ってほしい。

スイング&デストロイ!バーディーチャンスは自ら作れ!

本作は『100ft Robot Golf』のタイトル通り、100フィートの巨大ロボを操作するゲームだ。プレーヤーは多種多様なロボに操り、アツいバトルへと身を投じる。

image18
 
だが、このゲームのバトルとは格闘戦のことではない。そう、ゴルフだ。このゲームは巨大ロボを操り、ボールをカップめがけてショットする紳士のスポーツ「ロボットゴルフ」で勝利を目指す巨大ロボバトルゴルフゲームなのだ。

このゲームは1人プレイだけでなく、4人までのローカル対戦とインターネットマルチプレイに対応しており、いつでもお友だちとロボットゴルフで雌雄を決することができる。

image09
 
ではロボットゴルフとはいかなるスポーツなのか?

その基本となるゴルフ部分は一般的なゴルフゲームとそう変わらない。風や勾配を考慮してショットする場所を決め、ボールの打点を調整し回転をかけ、ゲージを狙ったところで止めてショットする。巨大ロボに乗ってはいるが、意外なほどまっとうにゴルフゲームをしている。

image06
 
しかし、このゲームでボールを打つのはロボだ。そのためショットの成否を左右するゲージのシステムがロボによって変わってくる。一般的なゴルフゲームと同じタイプ、2人のパイロットが息を合わせるタイプ、ロボとのシンクロ率をゲージで図るタイプ、コントローラーの左右トリガーでアクセルを踏んでパワーを調整するタイプなどいくつかのショットシステムが搭載されている。

1 2 3 4次のページ
もぐらゲームスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会