体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ドイツの空き家活用[後編]起業の拠点は空き家から。大学卒業後、女性4人でホステルを即オープン

ドイツの空き家活用[後編]起業の拠点は空き家から。大学卒業後、女性4人でホステルを即オープン

ドイツの空き家活用[前編]ドイツ版・家守から学ぶ日本の空き家解決へのヒントの続編である。

ライプツィヒを案内して頂いたミンクス典子さんによると「ハウスハルテンによる『家守の家』は5年の契約であり、その期間が終了するとライプツィヒの不動産価格が上昇していることもあり契約が解除されることが多い」という。建物再生に費やした「努力」や、その場で培われた人的ネットワークや活動などが無くなってしまうのはもったいないことだ。そこを拠点としていた人々は、値上がりした不動産市場のなかで、新たな場所を探さなければならないという困難も伴う。

起業の拠点、地域の魅力創出の拠点づくり

そんななか、ライプツィヒ西部地区に「家守の家」5年の契約後、発展的に若者たちの起業の場として引き続き活用されている建物があるという。

ホステル「エデン」が入居する建物だ。この建物は、1950年代にもともと寮として建てられたものであった。空き家仲介団体「ハウスハルテン」が仲介する物件として利用者を募集したところ、大学を卒業したばかりの女性4人でホステルに改修して運営することを決意し、応募したのだという。

そのうちの1人、ガブリエラさんは「開業資金の約10万ユーロを借りることにしたけれど、それはホステルの最低限の設備を整えるのに充てました。部屋は自分たちでセルフリノベーションして、ベッドなどの什器(じゅうき)も手づくりで開業にこぎ着けました」と話す。4人のうち1人がプロダクトデザイン専攻であったものの、リノベの経験はほとんどなかった。友人等の手助けも得ながら部屋を仕上げていったのだという。

「最初の部屋は、電気の配線なんかも自分たちでやりました。後で職人さんにこうしたほうがいいよ、なんてアドバイスを受けて、段々と腕を上げていったわ」と笑う。

実は、筆者はライプツィヒ滞在中このホステルに泊まったのだが、私が泊まった部屋は、彼女たちの最初の「作品」だったようだ。内装についてはクラウドファンディングでお金を集め、アーティストの友人等による個性的な部屋ばかりだ。開業しながら現在も、宿泊部屋をセルフリノベーションで増やしているところだという。「リノベーション作業の途中にフロント業務が入ったりして、なかなかやりくりが難しいわ」と話す。

開業から1年半ほど経過したというが、経営的にはうまくいっていると話す。「ライプツィヒ中央駅や観光の中心となる旧市街地から少し離れているから心配したけど、広い庭がくつろげてゆっくりした気分になれるからと、ビジネスパーソンを含めてリピーター客がついて軌道に乗っている」と話す。【画像1】ホステルのフロントとロビー(写真撮影/SUUMOジャーナル編集部) 【画像1】ホステルのフロントとロビー(写真撮影/SUUMOジャーナル編集部)【画像2】裏庭は広々として街なかにあってくつろげる空間だ(写真撮影/村島正彦) 【画像2】裏庭は広々として街なかにあってくつろげる空間だ(写真撮影/村島正彦)【画像3】初めて改修を手掛けたドミトリーの部屋(写真撮影/SUUMOジャーナル編集部) 【画像3】初めて改修を手掛けたドミトリーの部屋(写真撮影/SUUMOジャーナル編集部)【画像4】友人のアーティストが手掛けたというクルマをベッドにした部屋。ほかにも個性的な部屋がある(写真撮影/SUUMOジャーナル編集部)
1 2次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。