ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

NONSTYLE・石田や片桐仁が出演! 『スピリチュアルな1日』が再演決定へ

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

スピリチュアルな1日

2011年3月30日~4月3日紀伊國屋サザンシアターにて上演される予定だった『スピリチュアルな1日』。東日本大震災の影響で1部公演を中止し、3日間だけの上演となってしまっていた同作品だが、公演後も再演希望の声が多く、またその気持ちに応えたいというキャスト・スタッフから、2012年6月に再演する事になった。

『スピリチュアルな1日』は、旅立つ者、生きていく者の気持ちをしっかりと描いた作品として評判が高い。東日本大震災で人々から笑顔が消えかけた時期に、笑って泣ける舞台を通じて多くのお客さんが元気をもらったとして、再演希望の声が多く寄せられていた。多数寄せられた再演への声に応えたいというキャスト、スタッフの気持ちも強く、今回の再演が実現した。

主演はNON STYLEの石田明さん。今までの舞台作品において、役者としての演技力は高く評価されており、お笑いとはまた違う一面を魅せるべく、『スピリチュアルな1日』再演に挑む。ヒロインには、前作と同じ、ドラマ、舞台、映画などで演技派女優として定評のある須藤理彩。他には演劇界で活躍している吉本菜穂子、諏訪雅(ヨーロッパ企画)と、新キャストとして片桐仁、アミューズ若手俳優の猪塚健太、今井隆文、栁澤貴彦という個性豊かなキャスト達が競演する。

脚本は新進気鋭の若手脚本家として活躍する小峯裕之。会社勤めの傍らに書き上げた初のドラマ脚本で、2008年『テレビ朝日21世紀新人シナリオ大賞』優秀賞を受賞。それを機に脚本家の道を歩み始め、パズルのように組み立てられた構成で書くシチュエーションコメディーの作品に定評がある。

また演出家には、物語の中にある“感情の機微”を大切にし、人間の内面を丁寧に描く作風に定評がある板垣恭一。近作は『奇跡のメロディ』、『キサラギ』、『サイド・ショウ』、『戦国鍋祭』など、コメディ・シリアス・翻訳もの・ミュージカルと、ジャンルを問わずその力を発揮している。

『スピリチュアルな1日』は、2012年6月に東京と大阪で、2012年7月に仙台にて上演予定である。笑って泣けて、観終わった後必ず心に残る作品。お笑い好きな人も、舞台好きな人も、前作よりさらにパワーアップしたこの舞台を見逃すな!

ストーリー

心霊特集でオンエア予定のドキュメンタリー映像にトラブルが発生。TVディレクターの三井は、
今話題の霊能力カウンセラーを自宅に招き、急きょ取り直しを決行する。
だが、近隣住民や、本物の幽霊にまで振り回され、撮影は難航する羽目に!!
そして同じ頃、三井の元に、もう訪れるはずのない女性がやって来る……。
霊を信じる者と信じない者、そして霊を含む全員の思惑が交り合った時、切ない奇跡が生み出される!

カテゴリー : エンタメ タグ :
渋市飛鳥の記事一覧をみる ▶

記者:

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。