体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【連載:男と女の婚活経済学 1】「経済力」は、「結婚しない理由」にはならない

【連載:男と女の婚活経済学 1】「経済力」は、「結婚しない理由」にはならない

f:id:zexyenmusubi_honnest:20170401001929j:plain

男の甲斐性への過剰期待

結婚するか、結婚しないか。

意中の相手がいるとして、結婚を迷う理由が自分か相手の「経済力」にあるとするならば、「結婚した方がずっといい!」と筆者は読者を説得したい。

そもそも、経済力が理由で結婚をためらうという状況はどのようなものか。女性の職場進出が進んできたとはいえ、日本社会には、まだまだ「夫が稼いで、妻を養う」という形を「普通だ」と考える通念がある。

男性の側では、自分の収入が少ないために、「自分は、まだ結婚するに足るだけの甲斐性がない」、「こんな収入では、妻の家族や親戚に対して顔向けが出来ない」、「結婚したとしても、妻は自分の経済力に失望するのではないか」、「そもそも一人で暮らすのにカツカツなのだから、自分の収入では夫婦の生活は無理だろう」などと思い悩む。

他方、女性の側では、「専業主婦であることを可能にする相手と結婚できた方が、友人にも、親類にも格好がいい」、「可能なら自分は専業主婦であって、子供に手を掛けたい」などと考えて、見栄や打算の要素も加わって、相手の収入に対して敏感になる。

確かに、夫となる人に大きな稼ぎがあって、妻が自分自身や子供に対して自分が持つ100%の時間を使うことが出来る生活は女性にとって魅力的な場合があるだろう。そうした立場を手に入れている友人・知人などの状況を知ると、「自分も!」と思う気持ちを分からなくもない。

そこで、女性側ができれば相手にこれくらい稼いでいて欲しいという「希望年収」の数字が一人歩きすることになる。

挙げられる数字はまちまちだが、600万円くらいである場合が多い印象だ。30歳前後のサラリーマンで考えると、なかなか微妙な水準だ。また、やや年齢を上げても、女性に稼ぎがあって、そこそこに贅沢な暮らしをしている場合「できれば、1000万円以上」などとハードルが上がる場合もある。

この際、はっきり言おう。男の甲斐性(自分だけが稼いで家族を養うこと)に対するこだわりは、今や現実的ではない。夫はATM(銀行の自動受け払い機械)ではないし、妻も働くことが普通なのだ。現代にあって、「専業主婦」はかなりの贅沢品なのである。

「二人なら」案外暮らせる

専業主婦は贅沢品だと言った。経済的な現実としては、多くの場合その通りだと思うのだが、仮に妻が専業主婦で暮らすとしても、案外暮らしは成立する。以下、典型的なケースとして、夫が稼ぎ手で、妻が専業主婦になるケースを想定するが、妻が稼いで夫が専業主夫になるケースでも論理は一緒だ。

若い会社員の一人暮らしの日々の生活を考えてみよう。家に帰ってもつまらないから、外に出掛けることが多いだろうし、食事も一人分を作るのは効率が良くないように思えるので外食が多いだろう(かつての筆者もほぼ100%外食だった)。

しかし、少なくとも新婚時代は、家に妻がいて食事を作ってくれているなら、夫は喜んで帰宅するだろう。

f:id:zexyenmusubi_honnest:20170401001916j:plain

外での飲み食いの金額を具体的に考えてみよう。この金額を生活費に回すことが出来るなら、十分やっていける場合が多いのではないだろうか。そして、住処が狭くても、新婚時代なら、それがむしろ楽しいことが多い。夫の収入だけで暮らすとしても、案外何とかなる場合が少なくないのが現実だ。

1 2次のページ
ホンネストの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。