体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【現地レポ】WACK合宿オーディション4日目ーBiSが「gives」をGANG PARADEから奪い返す

【現地レポ】WACK合宿オーディション4日目ーBiSが「gives」をGANG PARADEから奪い返す

BiS、BiSH、GANG PARADEの合同オーディションが、2017年3月28日(火)より5泊6日にわたって開催されている。

今回の合宿オーディションには書類審査と2次オーディションを通過した18名(3月31日朝に4名の脱落が決定、現在12名)に加え、現役メンバーも参加。

BiSから、プー・ルイ、アヤ・エイトプリンス、
BiSHから、アイナ・ジ・エンド、ハシヤスメ・アツコ、
GANG PARADEから、ユメノユア、テラシマユウカ、
の6名が参加している(※BiSHはツアーのため、3月31日の15時まで)。

その様子は最終日までニコニコ生放送ですべて中継される。

本レポートでは、4日目、3月31日夕方以降の様子をお送りする。

□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □

■4日目 18:00 夕食

18時直前になり、WACK合同オーディション参加者たちが競うように食堂にやってきた。

デスソースが入った食事を探すため、長机に並んだ料理を端から嗅ぎ始めるメンバーたち。しかし、おかずの焼肉の香りにさえぎられ、どこに入っているかわからないまま席に座ることに。渡辺淳之介の声を復唱し「いただきます」の挨拶をした。

デスソースが入っていたメンバーは以下の5名。
ナガヤマユキコ
ギャン・マイカ
リソリソ
テラヤマユフ
プー・ルイ(BiS)

幸運にも(!?)デスソースを食べきり3ポイントを手にいれた。

■4日目 20:30 ダンス審査

昨日一昨日で脱落者が6名出たこともあり、全員で12名になったオーディション参加メンバーたち。「チームAKB」と「チームハロー」の2組に分かれ練習した「BiSH-星が瞬く夜に-」のダンス審査が行われた。

じゃんけんに負けた「チームハロー」が、先攻でパフォーマンスを披露。「歌詞と私たちを合わせた振り付けに注目してください」というコメントをし「BiSH-星が瞬く夜に-」を歌い踊った。なかでもヒラノノゾムが「あーーーー!!」と曲間で(彼女なりの)大声を発し注目を集めた。

「とりあえずノンちゃんの大きい声が達成したことが(嬉しい)。すごくよくできていたと思います。初期BiSHはモモコがノンちゃんのような状態だったなって」と渡辺はコメントを残した。

続けて、チームAKBが「BiSH-星が瞬く夜に-」を披露。途中、「メロンパン、何個でも食べてやるーー!!」とオオショージメグミが叫び、AKBは「あかん、こいつら、バカばかりだの略」だと叫んだのが印象的だった。

渡辺淳之介は「ノレたかな。体が動く感じに振り付けもできていておもしろかった。ガミヤが間違えたとき笑っちゃった感じはかっこ悪かったかな」と講評した。

続けて、チームWACKのBiS(プー・ルイ&アヤ・エイト・プリンス)とGANG PARADE(ユメノユア&テラシマユウカ)の4名が「Plastic 2 Mercy」と「BiSBiS」を披露。

パフォーマンス終了後、渡辺は「さすがだったかな。自分たちのほうが先にやっているんだというところを見せて短期間でよく覚えたと思う。2組はいがみあっていたから。でもちゃんと息が合っていた」とコメント。その背景には、BiSとGANG PARADEがチームを組んでからの時間をつかい、それぞれの歴史や考えを教えあい、足りないところは探して、いいところはわけあったということを明らかにした。

そして、ダンス審査の結果が発表された。

まずはオーディション参加者。
1位 チームAKB (3ポイント)
2位 チームハロー

「僅差ではあったけれど、お客さんとしてみたときにAKBのほうがノレた。素人の状態から2組ともよくがんばった」と渡辺は評価した。

続けてチームWACKの勝者はBiSが選ばれた。

「どっちもよかったけど、ここは気持ちの面。ユユ(テラシマユウカ)が「BiSBiS」を歌っているとき、すごくいい表情をしていた。お互いの曲をよくしようとしていたけど、BiSの曲のほうが気持ちよくできるまで伝えられていたんじゃないかな」と評価の基準を示した。

■4日目 21:45 結果発表

21時45分、4日目の結果発表が行われた。

まずは合宿オーディション参加者のニコ生視聴者投票の結果から。
1. シェ・キーラ (3754ポイント)
2. ヒラノノゾム (3254ポイント)
3. ギャン・マイガ (2839ポイント)
4. モモコグミinc (2706ポイント)
5. ガミヤサキ (2664ポイント)
6. ツンツンコ (1847ポイント)
7. テラヤマユフ (1831ポイント)
8. パリ・ウブ (1749ポイント)
9. ヨコヤマヒナ (1608ポイント)
10. オオショージメグミ (1365ポイント)
11. ナガヤマユキコ (900ポイント)
12. リソリソ (517ポイント)

1 2 3 4次のページ
エンタメ
OTOTOYの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。