体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

凛として時雨、公式サイトに謎のページ 「COMING SOON IS DEAD」の文字も

凛として時雨、公式サイトに謎のページ 「COMING SOON IS DEAD」の文字も

凛として時雨のオフィシャルサイトのトップに本日4月1日、謎のページが出現した。

2015年秋、全編ベルリンでレコーディングしたミニ・アルバム『es or s』をリリースし、昨年はフェス出演や対バン・ツアーを敢行。その後の活動については沈黙を保ち続けてきた彼ら。

“謎のページ”は意味深な文字の羅列があるのみではあるが、特定の文字パターン下では十数秒の映像が視聴できる模様。ギター・ソロと畳み掛けるようなベース&ドラムの音像に、意味深な風景とCGグラフィックを用いた映像。さらにサブリミナル的にスタジオで撮影されたと思われる3人の姿と、最後には「COMING SOON IS DEAD」の文字が浮かぶ。

オフィシャルサイト内では、新たなアーティスト写真も公開されている。果たしてこれらは、一体何を意味するのか。結成15周年を迎える凛として時雨の動向を予兆するものなのか。続報を待とう。(前田)

・凛として時雨オフィシャルサイト
http://www.sigure.jp/

エンタメ
OTOTOYの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。