ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

尾崎裕哉、父・尾崎豊の年齢を超えて“自由の鐘を鳴らす”

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
尾崎裕哉、父・尾崎豊の年齢を超えて“自由の鐘を鳴らす”

3月31日(金)に放送されたテレビ朝日系『ミュージックステーション』で歌われた、尾崎裕哉の1st EP『LET FREEDOM RING』の収録曲「27」のMVが解禁となった。

本映像は「LET FREEDOM RING TOUR 2017」より、3月11日(土)にEX THEATER ROPPONGIで行なわれたライヴ映像。

「27」は、26歳で亡くなった父・尾崎豊の年齢を超えて27歳になり、アーティストとして本格デビューを果たした尾崎裕哉の決意を示した楽曲。曲中では、“僕が僕であるために”という尾崎豊が使用したフレーズを使っており、“父親の見られなかった、その先の景色を見たい”という気持ちが込められている。

この曲が収録されているのが1st EP『LET FREEDOM RING』で、日本語訳は『自由の鐘を鳴らせ』。まさに、このEPを体現する楽曲となった。

また、この日のライヴの模様は、5月6日(土)22:00よりMTVでMTV LIVE『尾崎裕哉 -LET FREEDOM RING TOUR 2017-』として放送される。

尾崎裕哉は今後〈ARABAKI ROCK FES.17〉〈VIVA LA ROCK 2017〉など初となる大型フェスへの出演も続々と決定! 秋には、初のホール・ツアーを東京・大阪で開催する。(田山雄士)

「27」MV

https://youtu.be/Gwo09-JHx6U
・尾崎裕哉 オフィシャルサイト
http://www.hiroyaozaki.com/

尾崎裕哉、父・尾崎豊の年齢を超えて“自由の鐘を鳴らす”

『LET FREEDOM RING』

カテゴリー : エンタメ タグ :
OTOTOYの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。