ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

ゼインが新境地を切り拓いたダンス・チューン「スティル・ゴット・タイム ft.パーティーネクストドア」(Song Review)

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
ゼインが新境地を切り拓いたダンス・チューン「スティル・ゴット・タイム ft.パーティーネクストドア」(Song Review)

 元ワン・ダイレクションのメンバー、ゼイン・マリクの2017年初のシングル「スティル・ゴット・タイム」が、2017年3月24日にリリースされた。

 この曲は、ドレイクやDJキャレド、メジャー・レイザーなどのヒット曲に参加するなど、大活躍中のプロデューサー/ラッパーの、パーティネクストドアがフィーチャリング・ゲストとして参加した、超ご機嫌なダンスホール調のナンバーで、これまでゼインがリリースしてきた楽曲にはなかった、新境地を切り拓いたダンス・チューンに仕上がっている。

 制作には、ゲストのパーティーネクストドアとゼイン、ミーゴズや2チェインズ、ニッキー・ミナージュなどを手掛けるマーダー・ビーツ、そしておなじみ、ヒット曲にこの人ありとも言っても過言ではない、フランク・デュークスが参加。プロデュースもマーダー&フランクの2者が担当している。

 大ヒット曲「ピロウトーク」のフックのように、張り上げて歌うようなパートは一切なく、低音のままラップするように歌い流す、ダンスホールらしいユルさが心地良い。ゼインと言われなければ分からないほど、良い意味で彼らしさがなく、「ソロではグループで出来なかったことをやりたい」と言っていたことを、この曲で実現している。昨年大ヒットした、ドレイクの「ワン・ダンス」以降、ダンスホールやトロピカル・ハウスがヒットを連発しているので、この曲のヒットも十分期待できそうだ。

 ゼインは、昨年12月にリリースした、テイラー・スウィフトとのデュエット曲「アイ・ドント・ワナ・リヴ・フォーエヴァー」が、現在大ヒット中。映画『フィフティ・シェイズ・ダーカー』に起用され、米ビルボード・ソング・チャートでは最高位2位をマークした。「スティル・ゴット・タイム」も、この曲に続きTOP10入りが期待される。

 また、この曲が収録される予定の2ndアルバムについては、リリース日などは発表されていないものの、ゼインが制作中ということをニオわせるようなコメントをしている。年内には、サプライズ・リリースされるかもしれない。

Text: 本家 一成

◎リリース情報
「スティル・ゴット・タイム ft.パーティーネクストドア」
ゼイン
2017/3/24 RELEASE
https://itun.es/jp/F2RKib

関連記事リンク(外部サイト)

ゼイン、テイラー・スウィフトとの大ヒット・コラボに続く新曲を公開、今夏アルバム発売も
ゼイン&ジジ、ヴェルサーチの最新広告動画でラブラブぶりをアピール「そばにいてほしいのは君」
ゼイン、新曲の一部をTwitterでシェア

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。