体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ソーラー発電で半永久的に使えるIoTデバイス向けバッテリー「Light Energy」

Light Energy(開発版)米調査会社ガートナーは、モノのインターネット(IoT)に接続される端末、すなわちIoTデバイスが、2016年時点で前年比30%増の64億台にのぼり、2020年までに208億台に達すると予測。

IoTデバイスが様々な分野で急速に普及するにつれて、デバイスためのバッテリーの需要も拡大するとみられている。

・ソーラー発電で半永久的に使えるIoTデバイス向けバッテリー

Light Energy(環境版)蘭スタートアップ企業のトライスト・エナジー(Tryst Energy)は、IoTデバイスに特化したソーラーバッテリー「ライト・エナジー(Light Energy)」を開発した。

縦2.12センチ、横3.4センチの「ライト・エナジー」は、大気などを測定できるセンサーを搭載した環境版、ヒトやモノの動きを検知するセンサーが付いたムーブメント版、センサー無しの開発者版の3バージョンで展開。

いずれも、わずか200ルクスの明かりに4時間当てるだけで、24時間分の消費電力を得られるのが特徴だ。

トライスト・エナジーによると、一般的なIoTデバイス向けバッテリーの寿命は5年程度だが、「ライト・エナジー」は半永久的に利用可能。

バッテリー交換のための手間やコストはもちろん、バッテリーの廃棄量も削減できる。

・キックスターターで資金調達を実施中

トライスト・エナジーでは、3万ユーロ(約357万円)を目標に、2017年3月9日からキックスターターで資金調達を実施中。

サポーターには、支援金額に応じて「ライト・エナジー」のプロダクトが提供される予定となっている。

Tryst Energy

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。