体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【必読】エンジニアの平均年収の実態を徹底調査

転職を考えている方、これからエンジニアを目指したいと思っている方にとっては共通して気になるのが年収面ではないでしょうか。ITエンジニアは専門的な技術を使うため年収も高く想定している人も多いと思いますが、実際のところはどうなのでしょうか。

ここでは、DODAエージェントサービス登録者のサンプル数27万件のデータ(2015年9月〜2016年8月末)をもとに、DODAが算出した過去平均年収データをもとにご紹介していきます。

 

業種別の平均年収

エンジニアの年収に入る前に、そもそもIT業界全体の平均年収は他業界と比較してどの程度なのでしょうか。
順位
業種分類
平均年収(全体)
1
メディカル
529万
2
金融
485万
3
メーカー
479万
3
IT/通信
479万
5
総合商社
454万
6
建設/プラント/不動産
421万
7
インターネット/広告/メディア
417万
8
専門商社
408万
9
サービス
379万
10
小売/外食
363万

(参照元:DODA 平均年収ランキング2016より)

上記のような結果でした。

エンジニアは「3位 IT/通信」または「7位 インターネット/広告/メディア」に属するかと思います。3位 IT/通信に入るのは主にITコンサルやSIerなど業務システムの受託開発をメイン事業としている事業です。7位 インターネット/広告/メディアは、Web制作会社やネット広告・Webマーケティング(メディア)事業を行う企業が対象です。

メーカーと同率の3位 IT/通信業界は、クライアントが大手企業であったり、大型案件なども常時あるため、安定的な収益を築きやすい業態です。
その分、収入にも反映されやすいと考えられます。

 

上位と比較して「9位 サービス」「10位 小売/外食」の平均年収は300万円代とかなり差がついています。サービス業などのリアル店舗はオンライン上の通販の市場拡大などの影響も考えられ、百貨店や大型の量販店などの業績は改善されずらく、店舗スタッフ・販売員の仕事は年収が低くなりやすいです。

また、小売/外食産業も、競合が多い中で勝ち残る戦略として低価格路線で事業を行うケースが多く、利益率が良くないために従業員の給料が上がりづらいという特徴も起因しているでしょう。

 

職種分類別について

職種で分類してみると平均年収はどのようになるでしょうか。ここから「エンジニア」という職種の平均年収に迫ります。
順位
職種分類
平均年収(全体)
1
企画/管理系
545万
2
技術系(電気/電子/機械)
505万
3
技術系(IT/通信)
492万
4
営業系
477万
5
技術系(建築/土木)
450万
6
技術系(メディカル/化学/食品)
446万
7
金融系専門職
437万
8
クリエイティブ系
391万
9
事務/アシスタント系
353万
10
販売/サービス系
331万

(参照元:DODA 平均年収ランキング2016より

3位 技術系(IT/通信)は492万円となりました。2015年のデータでは489万でしたので+3万円増加しています。さらに、この平均年収を作る内訳を職種別で見てみると、以下のような職種が比較的高い年収のようです。
順位
職種
平均年収(全体)
1
ITコンサルタント
627万
2
社内SE
514万
3
サーバーエンジニア
493万
4
ネットワークエンジニア
479万
5
SE/プログラマ
467万

では、なぜこのような職種の平均年収は高い傾向にあるのか、それぞれの業務内容を紐解きながら解説します。

 

ITコンサルタント

ITコンサルタントとは、ITの技術を用いて顧客のビジネスや経営に関してコンサルティングを行う仕事です。プログラマーが開発をするのは、すでに課題(目的)があってそれを解決する方法が明確にわかっている状況で行うことが多いでしょう。

1 2次のページ
TechAcademyマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会