体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【現地レポ】WACK合宿オーディション4日目②ーGANG PARADEチーム、悲願のダンス審査1位

【現地レポ】WACK合宿オーディション4日目②ーGANG PARADEチーム、悲願のダンス審査1位

BiS、BiSH、GANG PARADEの合同オーディションが、2017年3月28日(火)より5泊6日にわたって開催されている。

今回の合宿オーディションには書類審査と2次オーディションを通過した18名(3月31日朝に4名の脱落が決定、現在12名)に加え、現役メンバーも参加。

BiSから、プー・ルイ、アヤ・エイトプリンス、
BiSHから、アイナ・ジ・エンド、ハシヤスメ・アツコ、
GANG PARADEから、ユメノユア、テラシマユウカ、
の6名が参加している。

その様子は最終日までニコニコ生放送ですべて中継される。

本レポートでは、4日目、3月31日午前の様子をお送りする。

□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □

■4日目 6:00 早朝マラソン

この日も早朝マラソンが朝6時より行われ、片道1kmのコースを往復2回計4km走った。

前日と同じく、折り返し地点に5位以内で到着したメンバーは、以下を完食しないと復路を走れないルールとなっていた。

1位 バームクーヘン
2位 クラッカー
3位 センブリ茶
4位 生卵2個
5位 青汁

トップで折り返し地点に着いたのは、3日連続でオオショージメグミ。初日2日目はメロンパンに苦しめられていたが、今回の1位の食べ物はバームクーヘンだったこともあってか、最終的に2位でゴールイン。

以下、早朝マラソンの順位
1位 ユメノユア
2位 オオショージメグミ
3位 ヨコヤマヒナ
4位 テラシマユウカ
5位 アヤ・エイトプリンス
6位 ツンツンコ
7位 リソリソ
8位 プー・ルイ
9位 パリ・ウブ
9位 モモコグミinc
11位 ギャン・マイカ
12位 ガミヤサキ
13位 ナガヤマユキコ
14位 シェ・キーラ
15位 ヒラノノゾ
16位 テラヤマユフ

1位は、3日連続でGANG PARADEのユメノユア。確実に点を取れるのはマラソンだから、と走る前からユメノは気合いが入っており、見事結果に結びつけた。同じくGANG PARADEのテラシマユウカは4位でゴールを果たした。

なお、BiSHは2日より全国ツアー〈BiSH NEVERMiND TOUR RELOADED〉初日が4月1日よりはじまるため15時に合宿所を後にする。そのためBiSHはポイントの有無は関係なしにマラソンに参加。見事、完走を果たした。

■4日目 7:30 朝食

朝食にはデスソースが5つ隠されていた。今回はオープンデスソースはなし。

デスソースを引き当てたのは以下のメンバー
プー・ルイ(BiS)
アヤ・エイト・プリンス(BiS)
ユメノユア(GANG PARADE)
リソリソ
モモコグミ.inc

BiSとGANG PARADEの引きの強さをここでも見せつける形となった。

そして、早朝に脱落からの救済システムで残留をきめたギャン・マイカが、食べ過ぎたのでお通じをよくしたいという理由で渡辺淳之介にデスソースを懇願。見事白ご飯の上に大量のデスソースをゲットした。

■4日目 8:30 / 11:30 ダンスレッスン&審査

朝食後は各チーム、体育館にこもりきりになりダンスレッスン。11時30分の発表に向けて、チームごとに対策を練り臨んだ。

1番手で発表したのはGANG PARADE。これまでグループでは2回連続3位、オーディション参加メンバーたちも2位しかとったことがなく、絶対に1番をとる気持ちで臨んだ。

円陣を組みユメノユアが少し長めにメンバーたちに声をかけると「ギャンパレ、おーーーー!!」と片足を床に叩きつけながら叫んだ。

「私たちのチームは両方2位でした。最後のGANG PARADEの回では絶対1位をとります」

そう宣言すると、「Plastic 2 Mercy」のイントロが流れ、演技がスタート。ギャンパレらしいキレのあるダンスを気迫で見せつつ、落ちサビではメンバーが円を作ってぐるぐる周り、オオショージが「メロメロメロメロメロンパン」と言うオリジナルのダンスをみせた。

2番手で発表したのはBiS。アヤ・エイト・プリンスが「この合宿で顔だけでないことを証明することを誓います」と自己紹介をすると、ギャン・マイカが「この合宿で1番デブになることを誓います」といって、各自のキャラクターをかぶせていった。

プー・ルイは「この合宿でみんなをBiSのファンにすることを誓います」と自己紹介をし、「BiSのはじまりの歌をきいてください」と「BiSBiS」のタイトル・コールをした。

1 2 3 4次のページ
エンタメ
OTOTOYの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。