ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

ジョエル・ランバートがリポート『福島復興:希望を担うテクノロジー』。反響に応えて再放送!

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

元アメリカ海軍ネイビーシールズのジョエル・ランバートが、福島の復興現場・最前線をリポートする『福島復興:希望を担うテクノロジー』(ディスカバリーチャンネル)が再放送される。

 

震災から6年を迎えた2017年3月11日に放送したところ、視聴者からの反響が大きく、4月2日(日)の「スカパー!無料の日」にアンコール放送を決定した。

 

※ホストのジョエル・ランバートは人気番組『ザ・マンハント』や、映画『アメリカン・スナイパー』にも出演する米国精鋭部隊ネイビーシールズ出身の元軍人。

 

昨年放送した第一弾では、ジョエルが廃炉作業の最前線で作業する技術者や作業員を訪ね、除染や原子炉の安全対策、放射性廃棄物の処理、汚染水の浄化・貯蔵における技術革新などを取材、生まれ育った町へ帰還を待ち望む人々と交流した。

 

今回放送の『福島復興:希望を担うテクノロジー』では、福島第一原子力発電所を再訪し、作業環境の変化や、廃炉へ向けた最新のテクノロジーを取材する。

 

また、廃炉にむけて、遠隔操作機器の開発・実証試験を行う、日本原子力研究 楢葉遠隔技術開発センターでは、2号機内部の状況を把握するために使用されるロボットや、ロボットを原子炉内に進入させるための入念な準備、操るためのトレーニングなどの作業現場をリポート。

 

 

周辺地域の人々・コミュニティとも積極的に交流し、昨年7月に運転を再開した常磐線、小高駅~原ノ町駅間エリアを訪問。農業や漁業、カフェ、学校、学生、青年団、ボランティアなど、現場で暮らす様々な人たちへの取材を通じて、復興へ向けた取り組みなども紹介する。

 

 

取材とインタビューをうけた人々が、それぞれのコトバで「故郷に帰ってくるかも知れない誰かのために」と語り、そのためのプランにひたむきに取り込む姿が印象的だ。

 

“希望を担うテクノロジー”という番組名にもあるように、災害・被災の暗部だけでなく、未来の福島ために今、出来ることを懸命におこなう現地の人々の姿をリポートする映像に、日本制作のドキュメンタリー番組とは一味違う感想をもつ視聴者も多いかも知れない。

 

放送日時は2017年4月2日(日)20:00~。「スカイパーフェクト・コミュニケーションズ」/ CS340で放送。

 スカパー!TVガイドBS+CS
Fujisan.co.jpより

 

カテゴリー : エンタメ タグ :
マガジンサミットの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。