ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

【全部知ってます?】ローンチ?スキーム?今さら聞けない「あの横文字」

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

新年度を迎え、今年も新入社員がやってくる時期になりました。

 

いつの時代も新人指導といえば、先輩の役割ですが、ふと質問されて困惑してしまうのが「ビジネス用語」の数々です。そこで今回は今さら人には聞けない、ビジネス用語の“横文字”をいくつかご紹介します。


SPA! …あの[ビジネス横文字]の認知度
Fujisan.co.jpより

 

アジェンダ(Agenda)

「本日のアジェンダは……」などと使われがちですが、これは「検討課題、議題、計画」の意味です。わざわざ横文字を使わなくても、(本日の議題は……でいいじゃん)と思ったことのある人も多い用語のはずです。

 

ローンチ(Launch)

IT業界の人が意気揚々と「明日ローンチします」と言っていました。これは「公開、立ち上げる」という意味。サイトを立ち上げたり、アプリを公開したりするときに使われます。決してふざけて発言したわけじゃありません。

 

スキーム(scheme)

新しい事業戦略を説明していて、「スキームを説明してもらえるかな?」などと聞かれたら困惑しますよね。スキームとは「枠組み、仕組み、やり方」の意味で使われます。事前にきちんと見つけておくといいかもしれません。

 

オムニチャンネル(omni-channel)

これはマーケティング用語のひとつ。「急ピッチでオムニ化を進めています」となどと使われることも。直訳すると「すべての経路」という意味で、つまり、リアル店舗やオンライン店舗、SNS、コールサービスなどを連携させ、顧客の利便性や購買機会を創出することを指します。

 

シナジー(Synergy)

「相乗効果」の意味で使われます。ビジネスでは、「シナジー効果が見込めます」などと企業同士のタイアップによる売上増加、コスト削減をはじめ、プラス効果を説明するときに用いられます。ちなみに、反対語は「アナジー(Anergy)」です。

 

アライアンス(Alliance)

「このサービスは複数の企業でアライアンスを結んでおり……」などと説明されることが多いでしょう。意味は「提携」です。わざわざ横文字を使う必要がないときは「提携している」で十分通じるでしょう。

 

シズル(sizzle)

マーケティング戦略の打ち合わせをしていて「シズル感が大事なんだよね」と言われたことはありませんか?これは購買意欲や食欲といった「五感を刺激する感覚」の意味です。けっして、某お笑い芸人のことではありません。

 

フィックス(Fix)

「先に予定をフィックスしたいので……」と言われたら、きちんと予定表に明記しましょう。これは「決める、確定する」の意味です。書き忘れて、相手に迷惑がかからないようにするのが社会人のマナーです。

 

リスケ(reschedule)

「せっかくフィックスしてもらったのにすみません、リスケさせてください」。先ほど説明したフィックスと対になる言葉で「日程の変更」の意味です。フィックスとリスケは業界に限らず、使用頻度の高い言葉かもしれません。

 

ペンディング(pending)

「例の企画だけど、いったんペンディングで……」。これは「保留」の意味です。上司からのせっかくOKをもらえたのに、大人の事情でいったん保留になってしまうことって、みなさんもよくあることでしょう。

 

ナレッジ(knowledge)

「このナレッジは共有しておいたほうがいいんじゃない?」。そんな指摘があったら、まず賛同しておきましょう。これビジネス上は「有益な知識や付加価値のある情報」を指します。たとえ(別に共有する必要ないんじゃん……)と思っても、やっておくのが大人の対応です。

 

コンセンサス(consen)

「事前にコンセンサスを取っておいてね」。これはおそらくどこの企業でも求められることでしょう。「同意、承諾」の意味ですが、より厳密に言うと、「きちんと根回しをしておいてね」とも取れる発言です。

 

新人にとっては聞き慣れないと、いったい何を話しているのかさえわからないでしょう。とはいえ、無理に横文字を使う必要はありませんので、状況を見て、使い分けることを念頭に教えてあげるといいのかもしれません。

 

カテゴリー : エンタメ タグ :
マガジンサミットの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。