ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

優勝は「柏レイソルU-12」今秋“U-12のワールドカップ”といわれる世界大会へ!

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

ジュニアサッカーを応援しよう! Vol.44 春号
Fujisan.co.jpより

 

3月25日(土)、26日(日)に東京・駒沢オリンピック公園総合運動場にて、日本で唯一、U-12世代が世界に挑戦できるサッカー大会『ダノンネーションズカップ2017 in JAPAN』が開催されました。

 

『ダノンネーションズカップ』は、10歳から12歳までの小学生年代を対象としたFIFA公認の国際サッカー大会。小学生世代のワールドカップとも呼ばれており、2000年から毎年開催されています。(日本では、2001~2003年間はリーグ戦でなくU-12日本選抜が世界大会に出場)

 

『ダノンネーションズカップ2017 in JAPAN』はその国内予選であり、2004年から開催。これまで600チーム以上が世界大会を目指してきました。

 

2017年度は、今秋、アメリカ・ニューヨークで行われる世界大会への切符を賭け、前年大会の上位8チームのシードに加え、全国220チームの中から抽選で選ばれた40チーム、計48チームが2日間にわたる熱戦を繰り広げました。

 

アクティビティも充実!

駒沢オリンピック公園総合運動場では、試合グランド以外に特設ブースの“アクティビティエリア”を設置。

 

サンフレッチェ広島の MF・柏好文選手が監修した、超難度ドリブルコースで最速タイムを競う「ドリブルチャレンジ」や狙い通りのキックができるかを競う「キックチャレンジ」。そしてアディダス社のスマートボールでキック力を競う「スピードチャレンジ」という、3 つのチャレンジ企画が開催されました。

 

※試合の合間にダノンヨーグルトの試食に並ぶ選手の皆さん。

 

優勝は、柏レイソルU-12!

 

決勝が行われた26日は生憎の天候。前日とはうってかわって雨が激しく降り、寒の戻りが厳しい日でしたが、選手達は寒さなんてどこ吹く風。客席もボールの動きに熱く一喜一憂し、たとえ敵方でもゴールを決めた瞬間、讃え合う姿が印象的でした。

 

試合は、準決勝で『レジスタFC』を下した『川崎フロンターレU-12』、『バディサッカークラブ』を下した『柏レイソルU-12 』が、それぞれ決勝に勝ち登りました。結果は1対1の同点からPK戦を制した『柏レイソルU-12』の優勝となりました。

 

※準優勝の川崎フロンターレU-12 と 表彰を行ったダノンジャパン松田氏

 

表彰式には特別ゲストとしてなでしこジャパン前監督・佐々木則夫氏が登場し、優勝旗を授与。「雨、寒さにも負けず、どのチームも最後までよく頑張りました。柏レイソルU-12は昨年の準優勝を上回る、世界制覇を目指してぜひサッカーを楽しんでください」と挨拶しました。

 

※アメリカへの切符を手にしたのは柏レイソルU-12。チケットパネルを手渡す宮間あやさん。

 

※PK戦で決勝ゴールを決めてた伊達歩由登くんがMVPに。おめでとう!

 

2016年に、フランス(スタッド・ド・フランス)スタジアムで行われた世界大会では、日本のヴァンフォーレ甲府U-12が準優勝と健闘。過去には2014年に『横河武蔵野FCジュニア』が優勝。2012年のポーランド大会で『レジスタFC』が準優勝を飾っています。

 

2001大会(U-13の日本選抜)、2002年、2003年大会(U-12の日本選抜)の世界大会代表からは、現日本代表の原口元気選手や清武弘嗣選手なども出場しており、小学生世代にとって憧れの『ダノンネーションズカップ』。未来のJリーグや日本代表を背負う、全48チームのヤングサムライ達のこれからに期待です!

 

試合結果

優勝   柏レイソルU-12(千葉県柏市)

2位   川崎フロンターレU-12(神奈川県川崎市)

3位   レジスタFC(埼玉県八潮市)、バディサッカークラブ(東京都)

 

ベスト8

東京ヴェルディジュニア(東京都)、サンフレッチェ広島F.Cジュニア(広島県広島市)、大宮アルディージャジュニア(埼玉県さいたま市)、福山ローザス・セレソン(広島県福山市)

 

※以上8チームは次回大会の優先出場権(シード権)を獲得

 

【フェアプレー賞】  福山ローザス・セレソン(広島県市)

【得点王】     石井久継(福山ローザス・セレソン)  貴田遼河(東京ヴェルディジュニア) 

【MVP】                 伊達歩由登(柏レイソル U-12 )

 

カテゴリー : エンタメ タグ :
マガジンサミットの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。