ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

Polar、M600のAndroid Wear 2.0アップデートを開始したと発表

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

Polar の北米法人が同社の Android Wear スマートウォッチ「M600」の Android Wear 2.0 アップデートを 3 月 30 日に開始したと発表しました。M600 は昨年秋に発売され、ファームウェアは古い Android Wear 1.5 を搭載しています。Android Wear 2.0 では OS バージョンが Android Marshmallow から Android Nougat にバージョンアップします。主な変更点としては、UI 全体のリニューアルし、スマートフォン単体でのアプリの実行や Google Play ストア、Google アシスタントをサポートしています。また、ウォッチフェイスでは、背景色を変更したり、事前に用意されているアプリの情報やショートカットを追加するなどカスタマイズできます。さらに、音声での文字入力や手描き入力、Google 日本語キーボードなどのキーボード入力も可能です。Polar はアップデートの配信を 30 日に開始し、翌週までには全端末に行き渡るという見通しを明らかにしています。(参考)Android Wear 2.0 を搭載した「LG Watch Style」のレビュー(参考)Android Wear 2.0 の新 UI を紹介(参考)Android Wear 2.0 の回転ボタンのデモ動画(参考)Android Wear 2.0 の Google Play ストア(参考)Android Wear 2.0 の新しくなった通知(参考)Android Wear 2.0 の機能的なウォッチフェイス(参考)Android Wear 2.0 で対応した「Google アシスタント」Source : Twitter

■関連記事
Android版「YouTube」のコメント機能が刷新、ポップアップでコメント欄が表示される
BlackBerryスマートフォンの「生産性タブ」のUIがリニューアル
ドイツで「Huawei Watch 2」が発売

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。