体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『MEDIAID(メディエイド)』サポーターがあれば、ヒザ痛が気になる人でもアクティブに!

春、散歩が楽しくなる季節の到来。とはいえ、年齢と共にヒザを痛め、だんだん歩くのが億劫になってきたという人も多いだろう。そんな人たちの背中を押してくれる、心強いアイテムを紹介しよう。日本シグマックスの「MEDIAID(メディエイド)」シリーズのサポーター『しっかりガードヒザスタンダード』だ。

 

医療現場で培った技術で快適な生活をサポートする『MEDIAID(メディエイド)』

医療メーカーとして40年以上もの実績を誇る日本シグマックス株式会社(東京都新宿区)は、長年医療現場で培ってきたノウハウを駆使し、機能性や効果性を重視しながら、日常生活における使い勝手や着け心地のみならず、デザイン性も追求することで、健康で快適な生活をサポートする商品を生み出している。

 

今回紹介するのは、優れた技術でヒザの動きをサポートしてくれる『しっかりガードヒザスタンダード』(カラー・黒 サイズ・S、M、L、LL・本体価格 税抜3,100円・発売中)

サイズ計測をする際は、普通に立った状態で、ヒザのお皿の中心から10cm上の部分の太腿の太さ(36㎝から52㎝まで対応)を測るのがポイントだ。左右兼用だが両足使用なら2つ必要になるのでご注意を。

 

伸縮素材と支柱で関節のグラつきを抑え、ヒザの形にぴったりフィット!

早速箱を開封してサポーターを実際に手に取ってみると、思った以上に薄手で軽いことに驚く。

まずはヒザを伸ばした状態で立ち、商品タグを上側にして、ヒザ裏にサポーターを当てる。

次に、ヒザのお皿をサポーターのヒザ穴の位置に合わせ、適度に圧迫されるように調整しながら、上下の面ファスナー(いわゆるマジックテープ)を止めて固定する。

最後にサポーターを上下に引っ張り、ヒザ裏がたるまないようにしっかり伸ばせば装着完了だ。

1 2次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。