ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

VRでフィットネスも! ITで運動不足を解消する時代に!

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

CES2016で登場した「空飛ぶVRフィットネスマシン」がいよいよ製品化

写真提供:icaros.com

VR(バーチャル・リアリティー)で単調な運動を楽しくするマシンが登場している。2016年のCESで注目を集めていたミュンヘンのIcaros社によるワークアウト・マシン「ICAROS」の製品版がいよいよ出荷を開始した。VRのヘッドマウントディスプレーを顔面にセットし、マシンにうつ伏せに乗り、全身を使って、バーチャルな光景のなかで運動するという、豪華なフィットネス・マシーンだ。

ギリシア神話のイカロスは蝋で固めた翼をつかって自在に飛び回れたというが、21世紀のイカロスは、ハンドルのローラーで操作してバーチャルな世界を飛び回る。目の前の光景が、まるで自分が空中を飛んでいるように後ろに流れていくのだ。

どのようにエクササイズできるのかというと、たとえば、バーチャルな空間に浮かんだバーチャルな輪をいくつもくぐり抜けるために、体を前後左右にひねる。こうした目からの情報と、ゲームを進めるための戦術の立案実行に気を奪われているあいだに、知らず知らずに長時間、全身のさまざまな筋肉に負担がかかるよう工夫されている。

家に置くには最低でも1.5m×2.5mのスペースが必要で、重さは120kgある。だが自宅で空を飛べるような体験ができるのだから、7,900ユーロなら安い買い物かもしれない。

教育的なコンテンツを見させようと子どもにスマホやタブレットを渡すと、ゲームや動画でいつまでも遊び続けてしまい運動不足になるのは、各国共通の親の悩みらしい。

楽しく遊んで、運動も勉強も同時にできる「スマート・サイクル」

写真提供:Fisher-Price 写真提供:Fisher-Price

ニューヨークの老舗教育玩具メーカーFisher-Price社が今年のCES(コンシューマー・エレクトロニクス・ショー)に出品したThink & Learnブランドのスマート・サイクルは、子ども向けのエクササイズ用バイクだ。

同社が2007年に発売したスマート・サイクルの新しいバージョンになる。前バージョンではハンドルの間にゲームのコントローラーが取り付けられており、ペダルを踏むと遊べる仕掛けになっていたが、2017年バージョンではコントローラーの上にタブレットを取り付けることができる。また、タブレットの代わりに、BluetoothでテレビとつないでApple TVやAndroid TVとも連携できる。以前はできなかったゲーム途中のセーブ機能なども追加されている。親たちは、運動時間や、何を勉強したかの記録を見ることができる。

このスマート・サイクルは、子どものタブレットやゲームの使用を無理に禁止したり使い方を強制するよりも、遊ばせて、運動不足も解消させてしまおうという商品である。3歳から6歳向けで、本体は150ドル、ソフトは5ドル。単なるゲームだけでなく、算数や科学、社会などを学べる学習用アプリもある。

デジタル時代には、親も運動不足になる。ジムに通ってトレッドミルやバイクなどで運動することもできるが、ただ歩いたりペダルを踏むだけでは退屈だから、音楽を聴いたり、テレビを見たり、本を読んだりしながら運動する。スマート・サイクルはそういう親には理解しやすい製品で、子どもに買い与えようという気になるのかもしれない。

こちらの記事もあわせてどうぞ
INFOBARだけじゃない! トランスフォーマーの華麗なるコラボ8選

関連リンク

Fisher-Price Think & Learn Smart Cycle Toy – New for 2017
CES 2017: The weirdest gadgets from the world’s biggest tech show
ICAROS

関連記事リンク(外部サイト)

AIを駆使したダイエットの力よ! 「ごはん予報」で私はどれだけ痩せられたのか?
【茶室VR】利休の時代から続く「樂焼」当代に聞いた、茶室をVR体験するということ
MR(複合現実)とは? VRとARとMRの違い

TIME & SPACEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。