体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【現地レポ】WACK合宿オーディション4日目①ー6時間で3.4kg体重増加のギャン・マイカ残留決定

【現地レポ】WACK合宿オーディション4日目①ー6時間で3.4kg体重増加のギャン・マイカ残留決定

BiS、BiSH、GANG PARADEの合同オーディションが、2017年3月28日(火)より5泊6日にわたって開催されている。

今回の合宿オーディションには書類審査と2次オーディションを通過した18名(3月31日朝に4名の脱落が決定、現在12名)に加え、現役メンバーも参加。

BiSから、プー・ルイ、アヤ・エイトプリンス、
BiSHから、アイナ・ジ・エンド、ハシヤスメ・アツコ、
GANG PARADEから、ユメノユア、テラシマユウカ、
の6名が参加している。

その様子は最終日までニコニコ生放送ですべて中継される。

本レポートでは、4日目、3月31日午前の様子をお送りする。

□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □

■4日目 5:30 救済措置 体重増加競争

昨晩の結果発表で、5名の脱落者が発表された。

該当者は以下のメンバーたち。

ヤマハシミキ
サードサマーウイカ
セントチヒロ・タッタ
ギャン・マイカ
ミチハヤシリオ


今回も救済措置があり、1人だけ残ることができるルールが明らかになった。

この日の内容は、1番体重を増やしたメンバーが残留できるというもの。脱落者4名(1名はシンデレラタイムのため、朝方からの活動となった)は昨晩11時すぎから、用意されたケンタッキーやケーキを食べたり水を飲むなど準備をし、体重増加対決に臨んだ。

早朝5時30分、がらんとした体育館に集まった5名の計測がはじまった。

結果、

ヤマハシミキ 1.6kg増
サードサマーウイカ 0.4kg増
セントチヒロ・タッタ 1.8kg増
ギャン・マイカ 3.4kg増
ミチハヤシリオ 0.6kg増
で、
ギャン・マイカが残留を勝ち取った。

深夜から朝にかけてひたすら固形物の食べ物をつめこんでいたギャン・マイカが、ダントツに体重を増やして結果を残した。すぐトイレにかけこみ、間髪をおかず早朝マラソンに参加した。他の4人は朝ごはんを食べたあと合宿所を後にすることとなった。

以下は、脱落が決定した4人のコメント。

ミチハヤシリオ
まだ実感がないです。自分の人生において、いい経験になりました。こんなに多くの人数で泊まることも走ることもないし、久々にめっちゃがんばった気がします。スタッフの方とおしゃべりさせていただいたり、ダンスもめっちゃがんばって声をだしたり、その日にできると思ったことをしました。マラソンも初日11位だったんですけど前日より順位をあげたし、しっぽも積極的にとったり、自分のできることは全部しました。だから、あのときこうしておけばよかったっていうのはあまりないです。強いていうなら、カメラに向けてもっと積極的になればよかったかな。今回の合宿を通して学んだことは、人生とはうまくいかないものということ(笑)。これまでの人生、テストで悪い点数をとっても、そのあとで毎日勉強して100点を取れるようになったり、テニス部で補欠をしていて悔しかったので、がんばってがんばってがんばったら一軍に入れたりして、つまずいたときは努力で越えられると思っていたから、うまくいかないこともあるんだと学びました。この先、アイドル活動はしたいです。だからといってどこでもいいわけじゃないし、ビビッとくるところがいいです。脱落は悔しいけど、それで後悔はしていないから、この経験をプラスにしていきたいです。

ヤマハシミキ
たぶん家に帰ったら実感がわくんだろうなと思っています。なぜか、いまは10%未満くらいホッとしているところもあって。自分を信頼できなかったこと、自分をあまりにも信用できなかったことが敗因かなと思っています。じゃないと周りの言っていることも素直に受け入れられないし、卑屈になっちゃうと自分を出せない。昨日のニコ生のコメントを見たへこみ具合も含めて、そんなことで卑屈になるやつはたぶんWACKにいらないと思われたのかもしれないです。変かもしれないんですけど、落ち込んでいるとかではなくて、これからどうしようかなっていう穏やかな気持ちです。これからは自分の好きなところに自信をもってひょうひょうと生きたいです。自分の好きなことをちゃんと信じてあげたい。これまで結果だけでものを考えるところもすごくあったので、そうじゃないんだよっていうのも今回すごくわかりました。1ヶ月以上、一人新生アイドル研究会をしている気持ちでした。今回の合宿を経て、なにもできないと思うのはやめようと思いました。ヤマハシミキじゃなくて、私の好きなことで絶対また会いたいと思うし、そのときは自分を信じていたいと思います。

1 2 3次のページ
エンタメ
OTOTOYの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。