ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

Android Waer 2.0アップデートのバグのためにほとんどの既存モデルで配信に遅れが生じる

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

Google は今月より Android Wear スマートウォッチの Android Wear 2.0 アップデートを行っていますが、既存モデルのほとんどでテストで発見されたバグにより、配信が遅れていることが分かりました。これは、海外の WEB サイト Wareable が Google から受け取った声明文を紹介しながら伝えていることで、公式には発表されていません。

Fossil Q Founder、Casio Smart Outdoor Watch WSD-F10、Tag Heuer Connected で Android Wear 2.0 アップデートを開始しました。他のデバイスでは、最終テストで発見されたバグの修正ために、現在、アップデートが遅れています。 問題が解決され次第、他のデバイスにもアップデートを配信します。

つまり、上記の 3 機種以外ではバグ修正のために配信が遅れており、実際にはまだ配信されていないということになります。Source : Wareable

■関連記事
Etorenに「LG G6(G600K)」が入荷、直輸入可能に
Twitterの返信ツイートで@ユーザー名が140文字の制限から除外に
「Moto G5」が国内で本日発売

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。