体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

一人暮らし初心者必見!おすすめのお部屋の探し方

一人暮らし初心者必見!おすすめのお部屋の探し方 bnr_single_m

はじめての一人暮らし……。いろんなサイトを見たり話を聞いたりすると、「一人暮らしにおすすめの間取り」や「人気の街」など、さまざまな情報が出てきます。

でも、CHINTAIは「人によっておすすめのお部屋の探し方は違う」と考えています。お部屋の探し方の中にも、いくつかある基準。今回は、その中でも一人暮らしの方におすすめのお部屋の探し方をタイプ別にご紹介します。お部屋の探し方で重視するポイントは?

交通の便やお部屋のセキュリティ面など、お部屋探しをする中で重視することの多い5つの項目について、どれをより重視するのかを聞いてみました。「一人暮らしの物件で重視するのはどこ?」

「一人暮らしの物件で重視するのはどこ?」

※全国にいる20代~30代の男女330名に調査。(2017年12月16日CHINTAI調べ)

お部屋探しをする際に一番多くの方が重視しているのは、駅距離や交通の便。仕事などで外に出ていることが多い方に人気がありそうですね。
次に多いのはセキュリティ。特に、一人暮らしの女性は大切にしたいポイントではないでしょうか?
3番目は、周辺環境。スーパーやコンビニが近くにあると便利ですよね。
4番目は広さと収納力。衣類が多い方にはありがたい条件かも。
最後の水周りは、お部屋の細かいところまで気にするキッチリした方に人気がありそうですね。タイプ別。一人暮らしの方におすすめのお部屋の探し方家にいる時間が短い方は

TOP画像

仕事をしている時間が長く、家にいる時間が短い方は、駅徒歩・交通を重視する探し方がおすすめ。電車に乗っている時間や、駅から自宅までの徒歩距離が長いと、自宅で休む時間が必然的に減ってしまいます。仕事が終わったらなるべく早く家に帰って、ゆっくり休みたいという方は、交通の便利さを重視してもよいかも。

また、家にいる時間が短いということは、それだけお部屋にある設備を使うことも少なくなります。キッチンなどの水周りやお部屋の広さ、日当たりのよさなどの優先度を下げると、通勤に便利なよい物件が見つかるかもしれませんね。繁華街に住みたい方は

満員

繁華街に住みたい方は、セキュリティを重視したお部屋の探し方がおすすめ。繁華街は人が多いので、それだけ危険も多くなりがちです。それでも、便利で栄えている街に住みたいという希望がある方は、セキュリティ対策が整っている物件を重視するとよいかも。

また、ご家族に家賃を負担してもらっている方も、セキュリティを重視するのがおすすめです! 特に一人暮らしの方は、ご家族がオートロック付きの物件を希望する場合が多いようです。
一人暮らしを心配するご家族を安心させるためにも、こんなセキュリティがあるから安心だ、と分かってもらうのは大切です。

ただし、オートロックが付いていれば全て安心! というわけではありません。空き巣の被害に遭う原因の多くは、鍵のかけ忘れという結果もあります。心配性な方は、自室の鍵もディンプルキーにするなど、建物の防犯だけに頼るのではなく、自分で工夫をしましょう!

一方で、繁華街ではお部屋の広さや収納力がある物件の家賃は高い傾向に。セキュリティ面を重視したい方は、お部屋の広さなどは優先順位を下げてみるのも、効率のよいお部屋の探し方です。はじめて一人暮らしをする方は

1 2次のページ
CHINTAI情報局の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。