体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

“おもち文鳥”に気分ほっこり!笑顔になれるミニポーチ


「ことりカフェ」や「インコアイス」、「インコサイダー」など、小鳥にちなむカフェや商品が登場するなど、ちまたでは小鳥ブーム。そんな小鳥ブームにのったフェリシモのユーモア雑貨ブランド『YOU+MORE![ユーモア]』に新商品がお目見え。小鳥といる気分になれるグッズを発売している。キュートなポーチで、いつでもどこでもハッピー気分!

3月27日(月)よりWEB販売をスタートした「おもち文鳥のふかふかミニポーチ」月1セット/1700円(税抜)は、ぷくぷくした文鳥の姿がそのままポーチになった商品。


文鳥が地面におなかをつけて丸くなっている姿が文鳥好きの間で話題の“おもち文鳥”を模したミニポーチは、うしろには尻尾がちょこんとついて、ぽってりコロンとしたフォルムは、まるで文鳥そのもの。


リアルに手乗り文鳥気分を味わいたいなら、ポーチの中に2~3粒のキャンディーを入れるとGOOD。文鳥とほぼ同じ重さの「おもち文鳥のふかふかミニポーチ」は、手に乗せればその瞬間にあなたを癒してくれそうだ。さわり心地もやわらかで本物を彷彿させる。

デザインは「白文鳥」、「桜文鳥」、「シナモン文鳥」の3種類を用意。毎月1回、3種類の中から1種類ずつが届けられるシステムとなっている。


バッグから顔をのぞかせてみたり、お花見につれていったり、おうちで側に置いてみたり。いつでもほっこり“おもち文鳥”のポーチで癒されてみて。

ストレートプレスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。