体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ケイコとマナブが学び事・習い事実態調査の結果を発表「学ぶ手段はスクール・教室」「単価が最も高いのは20~34歳」・・・

株式会社リクルートマーケティングパートナーズ(本社:東京都中央区、代表取締役社長:山口 文洋)が企画・運営する講座・レッスンの資料請求・予約サイト『ケイコとマナブ.net 』は、学び事・習い事事情を把握するため、全国の働く男女を対象に「人気おケイコランキング」調査を実施しています。今回はその結果をもとに年齢帯別(20~34歳、35~49歳、50~64歳)に比較した調査結果がまとまりましたので、ご報告いたします。

学ぶ手段の中心は男女ともに「スクール・教室に通学」。女性ではほぼ半数。

一方で独学、通信講座、スマホ・PCを利用した学習では、男性の利用率が高い。

学ぶ際に利用した手段では、男女ともにスクール・教室を選んでいる人が多く、特に女性の20~34歳、35歳~49歳では半数を超えている。また、「ジム、フィットネスクラブ」については全年齢帯の女性と男性の20~34歳、カルチャーセンターについては50~64歳の女性の利用度が高い。これらの学習形式の利用度の高さからは、学習におけるリアルの場の価値を高く評価するカスタマーの多さがうかがえる。また独学、通信講座、スマホ・PCを利用した学習といった自宅や通勤時の時間を利用した学習については、女性よりも男性の方が利用率が高い結果となった。

f:id:keimanahensyu:20170329172406j:plain

男性の方が自宅学習の比率は大きいが、

いざ通学するとなると集中的になる傾向。

学ぶ頻度については、男性の方が一週間に通う頻度が高い結果となった。仕事のために学ぶことが多い男性の方が、学ぶと決めたら集中的に学ぶコースを選んでいるのではないかと考えられる。

f:id:keimanahensyu:20170329172531j:plain

男性は一括払いが多く、女性は月謝制で費用を支払う率が高い。

特にシニア女性で月謝制の回答率が高くなる傾向。

学んだ際に利用した支払方法では、女性の方が月謝制を選ぶ比率が高く、男性の方が比較的一括払いを選ぶ比率が高い。女性の方が、月謝制であることが多いヨガ・ピラティスや趣味系の習い事を実施している比率が高いためと考えられる。

f:id:keimanahensyu:20170329172551j:plain

「月謝制」で月当たりにかけた金額は、各年齢帯とも男性の方が高くなる傾向。

一方、「一括払い」では20~34歳で金額が高くなる結果に。

実際にかけた金額の平均値は、月謝制では年齢帯での差はあまりみられなかったが、全年齢帯とも男性のほうが金額が高くなる傾向となった。

一方、一括払いで支払った総額では、男女ともに年齢が若いほど高くなったが、男性ではその傾向が特に強くなる結果となった。

男女ともに、20~34歳の方が、長期・高額講座が多いキャリアチェンジ系の講座を利用する割合が大きいため、平均金額を押し上げたものと考えられる。

f:id:keimanahensyu:20170329172605j:plain
1 2次のページ
ケイマナニュース!の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。