体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「ホイール交換」でファミリータイプの草食ミニバンをシュッとした感じに変えてみた!

f:id:ponparemall:20170329152721j:plain

押忍。「カーセンサー」や「カーセンサーEDGE」あたりを中心に活動している自動車ライターの伊達軍曹であります。

f:id:ponparemall:20170329191746p:plain

車に関するメカニズムうんぬんよりも、「どういう車をどういう感じで乗りこなせば、貴殿の人生はよりイイ感じになるか?」みたいな話が得意ジャンルです。

そんな小生が主宰している世田谷区の「伊達軍曹自動車研究所」に、見知らぬ男から1通のメールが届きました。

f:id:ponparemall:20170329152731j:plain

…よくわかりませんが、要するにファミリータイプの国産ミニバンならではの、良く言えば気の優しいパパっぽい、悪く言えば弱っちそうな雰囲気を、もうちょっとシュッとした感じに変えたい、ということでしょうか。

「強そうに見える車種に買い替えればいいんじゃないでしょうか?」という雑な回答で済まそうかとも思いましたが、どうせヒマなので、このP川氏なる男性と会ってみることにしました。

妻が選んだミニバンのビジュアルに悩む32歳男性

某日、自分はP川氏が指定した某駅付近に赴きました。そこにいたのは……うわっ、まさに「ザ・草食」というか、池袋の裏道とか行ったら中学生にカツアゲされちゃいそうな男性でありました。…どうも、こんちは。

「あ、どうもはじめまして、P川です」

f:id:ponparemall:20170329155641j:plain

中学生にカツアゲされそうなP川氏(32歳)

某企業にお勤めの32歳で、昨年いきなり家族が増えた関係でミニバンが必要になった、と。「自分としてはヴォクシーが欲しかったんですが…」と小さな声で語りはじめるP川氏。ちなみにヴォクシーってのはトヨタのミニバンで、昔は反町隆史がCMに出てて、今は瑛太が出演しているアレです。要するに「アクティブでカッコいいパパが乗ってる、ちょっとスポーティなミニバン」っていうポジショニング。で、反町とも瑛太ともぜんぜん似てないP川氏が続けます。

「しかし妻に反対されまして…」

なんでもP川氏の妻いわく「主に車を使うのは平日のワタシなので、ワタシの意向を優先してほしい。そしてワタシはフツーにシンプルなのがいい」と。

「ということで、白の日産セレナのいちばんシンプルなグレードにしたんです。最初はまぁそれでもいいかなと思ってたんですが、どんどんフラストレーションが溜まってきまして…」

そしてあの「枯れ草になりそうメール」をわたしに出すに至った、と。

「はい。この車に乗ってるとホント男として枯れていくばかりという感じでして……。少しで構わないので、男っぽいというかスポーティというか、そういった雰囲気に変えたいんですよ! なんとかなりませんか?」

いちばん簡単な解決策は「ホイール交換」!

…いっそヴェルファイア(ちょっとイケイケな感じのトヨタ製高級ミニバン)に買い替えちゃうとか?

1 2 3 4 5次のページ
ポンパレモール、やってます。の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会