ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

新「Zepp」が横浜・みなとみらいに2020年春誕生、コーエーテクモゲームスのホールを運営

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
新「Zepp」が横浜・みなとみらいに2020年春誕生、コーエーテクモゲームスのホールを運営

Zeppホールネットワークは、三菱地所が神奈川県横浜市のみなとみらい21地区(47街区)に建設計画中の複合施設のうち、コーエーテクモゲームスが取得予定のライブハウス型ホールの運営を行うことで基本合意した。

複合施設には、約2,000名(スタンディング時)収容規模のライブハウス型ホールのほか、コーエーテクモゲームス本社オフィスと東急ホテルズが運営する約230室のホテルが出店。

このライブハウス型ホールは、設計段階からZEPとコーエーテクモゲームスとの共同で計画を進め、「Zepp」の音楽ライブハウスとしての特長と、コーエーテクモゲームスのエンタテインメント事業のノウハウを取り入れた、新しいスタイルのホール「(仮称)KT Zepp Yokohama」として2020年春に開業する予定。

「Zepp」としては今年2月開業の「Zepp Osaka Bayside」及び2018年度開業予定の「Zepp Fukuoka」に続き、全国で6拠点8カ所目となる。

ホール概要
「(仮称)KT Zepp Yokohama」
建設予定地:神奈川県横浜市西区みなとみらい四丁目3番2
敷地面積:約8,670㎡(複合施設全体)
ホール面積:約3,000㎡
収容人員:約2,000名(スタンディング時)
開業時期:2020年春(予定)

関連リンク

■Zeppライブエンタテインメントhttp://www.zepp.co.jp/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。