ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

フラノブランホップを世界で唯一100%使用したビール

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

銀座4丁目交差点にある「銀座ライオン GINZA PLACE店」の地下1階フロア「ブラッスリー」でしか飲めない「Craft Label SECRET TAP-銀座コレクション-」。

世界に100種以上あるビールスタイルのどれにも属さない、今の世にないビールを造りたい。…そんなCraft Labelマスターブリュワーの密かな野望を形にしたのがそれだ。

このほど同コレクションに、第6弾商品「フラノブラン Session WHEAT(セッションウィート)」が仲間入り。4月3日(月)18時30分から数量限定で販売される。

「フラノブラン Session WHEAT」900円(税抜)は、北海道生まれのフラノブランホップを世界で唯一100%使用したウィートエールスタイル。フラノブランホップのライムを思わせる香りに、ライム果皮の酸味を合わせ、春風のような爽やかな味わいに仕上がっている。

フラノブランホップは、サッポロビールが開発したホップで、ライムや白ワインを思わせる香りが特徴。サッポロビール自社圃場のみで栽培され、年間約50kgしか収穫できないのだとか。

そんな希少なホップを100%使用した、これからの季節にぴったりの爽快感あふれる一杯。ぜひ「ブラッスリー」にて味わってみて。

■『銀座ライオン GINZA PLACE店』(※販売は地下1階ブラッスリーのみ)
住所:東京都中央区銀座5-8-1 GINZA PLACE B1-B2

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。