ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

パリの合理性が徹頭徹尾詰まっている、ルノー トゥインゴ(試乗レポート)

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
▲往年の名車5(サンク)や初代から多くの発想を得たという個性的なスタイルのスモール5ドアハッチバック。ルーフ全体が大きく開く、キャンバストップ仕様もラインナップ(199万円)する

▲往年の名車5(サンク)や初代から多くの発想を得たという個性的なスタイルのスモール5ドアハッチバック。ルーフ全体が大きく開く、キャンバストップ仕様もラインナップ(199万円)する

パリの合理性が徹頭徹尾詰まっている

言われなければRR(リアエンジン・リアドライブ)とは気づかないかもしれない。そういう意味ではかつての5ターボに通じるし、実際にそれらはデザインモチーフにもなっているという。前部にエンジンがないわけで、ノーズが軽い。ステアリングを切るとスッと軽く曲がる。さらに前輪の切れ角は49度で、最小回転半径は4.3m。パリがそうであるのと同様、日本の細い路地にもぴったりだ。

従来RRは直進安定性で劣る、コーナーでオーバーステア傾向になりやすく運転が難しいと敬遠されてきたが、ルノーでは最新のデバイスで徹底的に横滑りを押さえ込んでおり、挙動は終始安定している。

全長が先代比で80㎜短くなっているもののホイールベースは125㎜も拡大。それゆえまず室内が広い。新型では4ドアにもなったし、後席も大人がしっかり座れるスペースを確保する。そして、これはそもそものスマートの思想を受け継ぐものだが、衝突時の安全性が高い。RRというと、車好きにとってはポルシェ 911のイメージが強いゆえ乗り味の部分に注目が集まりがちだが、実は全長短く、室内広く、クラッシャブルゾーンを確保し、小回りの利く、極めて合理的な手法だということがわかる。

パワートレインやモノコックなどをスマートと共用する姉妹車だが、それも言われなければ気づかないだろう。見た目も乗り味もすみ分けがきっちりされている。ピピッときたら、悩む必要はない。

▲大きな一枚ガラスのリアハッチを採用、ラゲージ容量は通常219Lを確保。リアドアが目立たぬよう、ノブはサッシュ部に同色で配置されている

▲大きな一枚ガラスのリアハッチを採用、ラゲージ容量は通常219Lを確保。リアドアが目立たぬよう、ノブはサッシュ部に同色で配置されている

▲遊び心溢れるデザインのメーターパネル、ボディカラーに合わせ3色が用意されるインテリアトリムなどポップな仕立てに。ヘッドレスト一体型のスポーティな形状のシートも備えた

▲遊び心溢れるデザインのメーターパネル、ボディカラーに合わせ3色が用意されるインテリアトリムなどポップな仕立てに。ヘッドレスト一体型のスポーティな形状のシートも備えた

▲ポリプロピレン製のボンネットとフェンダーで、衝突時の歩行者へのダメージを軽減。バンパー内には歩行者の足への衝撃を和らげるよう150mmの衝撃緩衝材が入っている

▲ポリプロピレン製のボンネットとフェンダーで、衝突時の歩行者へのダメージを軽減。バンパー内には歩行者の足への衝撃を和らげるよう150mmの衝撃緩衝材が入っている

【SPECIFICATIONS】

■グレード:INTENS ■乗車定員:4名

■エンジン種類:直3DOHCターボ ■総排気量:897cc

■最高出力:90/5500[ps/rpm]

■最大トルク:135/2500[n・m/rpm]

■駆動方式:RR ■トランスミッション:6DCT

■全長x全幅x全高:3620x1650x1545(mm) ■ホイールベース:2490mm

■車両価格:189万円

text/藤野太一

photo/柳田由人

関連記事リンク(外部サイト)

走り好きのお父さんがこれまでで最も満足できるルノー カングー ゼン EDC(試乗レポート)
ルノー トゥインゴはコンパクトカーの魅力があふれている
ルノー ルーテシアはデザインも魅力だが走りもなかなかである

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
日刊カーセンサーの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。