体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

良曲だらけ! 正統派・キュート・しっとり……『つりビット』の幅広い表現力に大歓声『赤坂サカナ!~みんなで釣ろう赤坂BLITZ~』ライブレポート

エンタメ
1

2013年に結成され、その楽曲の良さと高いパフォーマンス力で人気を集めているアイドルユニット「つりビット」。2月26日にワンマン公演『赤坂サカナ!~みんなで釣ろう赤坂BLITZ~』を実施。約1,000人の観客を熱狂させた。

つりビットにとって過去最大キャパシティとなった赤坂BLITZでのライブ。チケットはソールドアウトしていることは、結成から5年の間に彼女たちが着実にファンを増やしてきた証と言えるだろう。

2

開演前から熱気ムンムンの会場に、春らしいピンク色の制服風衣装で現れた聞間彩、安藤咲桜、長谷川瑞、竹内夏紀、小西杏優の5名。

最新シングル曲『My Victory』。『スタートダッシュ!』を歌い踊った後、「赤坂BLITZ向けて、“みんなで作るつりビット”という言葉で頑張って来たつもりなんですけど、この景色を見ただけで本当に作れたなという気がしています。でもこれからなんでね、このステージは。今日、2月26日を伝説の日にしたいと思います」と竹内が話すと「おお〜!」とそれに応える観客。MCでは、最年少である小西の高校合格が伝えられ、大きな拍手が贈られた。

3

『恋愛戦線異常あり』『負けないガッツ ~いつか世界を釣り上げます~』『裸足のマーメイド』と立て続けに披露した後は、スペシャル演出の一つとして、聞間・長谷川・小西の3名で、この日の為にアレンジされた『ズキズキ物語 ~SPECIAL REMIX~』をキュートに踊り、安藤・竹内の2名は『潮風日記 ~Another Arrange Ver.~』をアコースティックバージョンでしっとりと歌いあげた。

4

「釣り」をテーマにしたアイドルユニットの特徴でもある、大漁旗をモチーフにした衣装に着替えると、『Go! Go!! Fishing』『ギョギョギョムーチョ』、MCを挟み『寿司パラダイス』『爆釣御礼』と、人気ライブ曲を一気にパフォーマンスすると会場のボルテージは一気にアップ。

5 6

『釣りパーティー』では“ロッド君”と名付けられた釣りざおを使いメンバーがぬいぐるみやカラーボールを客席に投げ込む演出も。

1 2 3次のページ
VDCの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会