体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【現地レポ】WACK合宿オーディション3日目②ーBiSHチームがダンス審査で1位を奪取

【現地レポ】WACK合宿オーディション3日目②ーBiSHチームがダンス審査で1位を奪取

BiS、BiSH、GANG PARADEの合同オーディションが、2017年3月28日(火)より5泊6日にわたって開催されている。

今回の合宿オーディションには書類審査と2次オーディションを通過した18名(3月30日朝に2名の脱落が決定、現在16名)に加え、現役メンバーも参加。

BiSから、プー・ルイ、アヤ・エイトプリンス、
BiSHから、アイナ・ジ・エンド、ハシヤスメ・アツコ、
GANG PARADEから、ユメノユア、テラシマユウカ、
の6名が参加している。

その様子は最終日までニコニコ生放送ですべて中継される。

本レポートでは、2日目、3月30日午前の様子をお送りする。

□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □

■3日目 6:00 早朝マラソン

朝6時。早朝マラソンが行われた。

昨日と同じく、片道1km往復2kmを2セットの合計4km。違う点は、折り返し地点で1〜5位が手渡される食べ物が変わったこと。デスソース入りの水が青汁に変化し、センブリ茶が新たに加わった。また、2回目の折り返し地点でも同様に食べ物が手渡されることとなった。

1位 メロンパン (2周目はバームクーヘン)
2位 センブリ茶
3位 クラッカー
4位 生卵2個
5位 青汁

折り返し地点に1番最初に到着したのはオオショージメグミ。昨日と同様メロンパンを手渡され食べるものの大苦戦し、ほぼ全員に抜かされてしまう。それを横目に涙を流しながらメロンパンを食べ続けるオオショージメグミ。昨日はそこから抜き返し4位を獲得したが、この日はGANG PARADE、BiSメンバーの気合いがより強かったこと、脱退者が出るのを目の当たりにしたメンバーの気合いがあがったからか、14位という結果に。果たして明日はどういう戦いをみせるのか。

1位 ユメノユア
2位 ヨコヤマヒナ
3位 テラシマユウカ
4位 アヤ・エイト・プリンス
5位 ツンツンコ
6位 リソリソ
7位 パリ・ウブ
8位 ヤマハシミキ
9位 モモコグミinc
10位 プー・ルイ
11位 ミチハヤシリオ
12位 サードサマーウイカ
13位 ギャン・マイガ
14位 オオショージメグミ
15位 ガミヤサキ
16位 ハシヤスメ・アツコ
17位 アイナ・ジ・エンド
18位 ナガヤマユキコ
19位 テラヤマユフ
20位 シェ・キーラ
21位 ヒラノノゾム
22位 セントチヒロ・タッタ

■3日目 7:30 朝ごはん

マラソン後には朝ごはん。脱落者2人は参加メンバーから少し離れたテーブルに座り朝食を食べた。

デスソース該当者は以下。
プー・ルイ
アヤ・エイト・プリンス
ハシヤスメ・アツコ
ユメノユア
パリ・ウブ

なお、これまで食べ物の下にデスソースが隠されていた状態だったが、わかりやすく食べ物のうえにソースがかえられたものも2つ用意されていた。それを選んだのは、プー・ルイとハシヤスメ・アツコ。ここでも現役メンバーの貪欲さが現れていた。

■3日目 11:45 ダンス審査

朝食後は各グループごとにダンスの練習をひたすら行い、11時45分からダンス審査が行われた。

前日の順位順(1位がBiS、2位がBiSH、3位がGANG PARADE)にパフォーマンスを行った。

結果は以下の通り。
1位 BiSH
2位 BiS
3位 GANG PARADE

それぞれの発表のあと、渡辺淳之介より総評が告げられた。

「今日は俺の中でいろんなポイントがあって、どれだけアイナとハシヤスメと他のメンバーでのんちゃん(ヒラノノゾム)のポテンシャルを引き出すことができるかが肝だった。BiSHはそこをがんばったし評価に繋がったかな。

BiSは全体的には1番よかった。ただ、プー、アヤに関していうと、昨日とそんなに変わらなかったのかなって。俺の考えるWACKは、今日より明日をやっていかないといけない。更新していかないとというところで、現状に満足して欲しくない。他の4人はすごくよかった。オオショージの集まってくるときの顔がすごくよかった。

GANG PARADEはもうちょっとユアとユユの2人が考えたほうがいいかな。1番息があっていなかった。BiSHもバラバラだったけど、個人個人を活かすバラバラだったから。そのあたり考えてほしいかな。

WACKは赤点をとっても大丈夫って考えだから。それでもあきなめない。どうやって120点をとるかを考えてほしいかな」

1 2 3次のページ
エンタメ
OTOTOYの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。