ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

Android版「トリップアドバイザー」に訪れた場所を自動的に記録する「自動トラベルタイムライン」機能が追加

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
旅行ガイドサービス「トリップアドバイザー」は、旅行の詳細を自動で記録する新機能「自動トラベルタイムライン」を Android アプリに追加しました。「自動トラベルタイムライン」は、これまでに訪れた場所を自動的に記録し、あとから簡単に振り返ることのできる旅行ノート機能です。本機能を利用するには、アプリをアップデート後に位置情報へのアクセス権に許可を与えるだけで OK。後は、アプリの「タイムライン」タブでこれまでに訪れた場所を時系列または地図で確認できます。「自動トラベルタイムライン」の各スポット情報には名前や住所のほかに、メモを記入したり、スマートフォンで撮影した写真を表示することができます。機能的には Google マップのタイムラインとほぼ同じです。Source : PR Times

■関連記事
Google Keepにリストのオートコンプリート機能が追加
Google HomeとスマートフォンのGoogleアシスタントが連携開始、相互に機能を補完
早稲田システム開発、桜を描いた絵画作品とその桜のスポットを地図上で探すことができるAndroidアプリ「桜百景」をリリース

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。