体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

AIを駆使したダイエットの力よ! 「ごはん予報」で私はどれだけ痩せられたのか?

家族と住んでいる人でも、ひとり暮らしの人でも、自炊をする人は特に、メニューに悩むことはありませんか? 家族に食べたいものを聞いたり、レシピサイトで検索するのもいいけれど、アイデアもネタ切れ気味。朝起きたら、その日のメニューやレシピを天の声がささやいてくれないかしら・・・・・・。

ささやいてくれるんです。それが、LINE bot「ごはん予報」。

「ごはん予報」とは?

お料理共有サービス「スナップディッシュ」を運営するヴァズ株式会社は2月15日、自社のAI技術を活用したLINE bot「ごはん予報」をリリースしました。スナップディッシュとは、ユーザーが専用アプリやWebから料理の写真やレシピを投稿したり、投稿されたデータをフォロワーが自由に閲覧、シェアできるサービスです。「スナップ」ディッシュというくらいですから、それはもうおいしそうな写真がぎっしり。

スナップディッシュに投稿された料理画像

ごはん予報は、まず、スナップディッシュにユーザーが投稿した1,000万を超える料理画像データや文字を独自のディープラーニングで解析し、多くのユーザーが投稿しているトレンドの料理を抽出します。さらに、抽出されたデータに季節のイベントや旬の食材などの情報を加え、明日の食卓にピッタリな料理のメニューを「予報」(提案)してくれるというもの。これは期待できそうです。

「ごはん予報士オニョーン」が優秀すぎる

では、ごはん予報はどうやって使うのでしょうか。なにができるの?

ごはん予報士オニョーン

①LINEで「ごはん予報」を友だち追加すると、「ごはん予報士オニョーン」というキャラクターが料理のレシピを毎日レコメンドしてくれるようになります。オニョーン♥

②トーク画面で、たとえば「おなかすいた」「ヘルシーなものが食べたい」「いも」などと相談すると、ぴったりのレシピを即レスしてくれます。

③届いたレシピに「♥もぐもぐ」をタップすると関連する料理を教えてくれますよ!

④トーク画面で投稿するだけで記録される「ごはん日記」をつけることもできます。

ごはん予報×ダイエット

せっかく予報を受け取るなら、より自分に合ったメニューだと嬉しいもの。毎日受け取るレシピは、ジャンルで絞ることができます。忙しさにかまけてほとんど自炊ができていない筆者は、「簡単料理」「ダイエット」を選択してみました。さらにごはん予報士オニョーンにダイエットメニューを相談し、約1カ月でどれだけ痩せられるか、この機会に挑戦したいと思います。

1 2次のページ
TIME & SPACEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。