ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

早口はいろいろ損をしている?早口のデメリットと治す方法について

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
早口はいろいろ損をしている?早口のデメリットと治す方法について

早口は何かと損をしている

「伝えているはずなのに話が通じていない」「聞き手の反応がまるでない」「会話が続かない」・・・そんな悩みを持っている人に共通の特徴は「早口」であるということです。
聞き手の立場になってみると「早口」の人の話は「何を言っているのかよく聞き取れない」「一方的で言葉を挟む余地がない」ので関心を持てません。
さらには「こちらに伝えようと言う誠意がないのではないか」「さては自信がないから、まくし立てているのでは」と人間性に対する評価も下がってしまいます。

以前、話し方の個人指導をした若手経営者のケースです。
若くして起業をしたこの経営者は、商談がうまく行かず、いつも相手に押し切られてしまうと悩んでいました。
話し方をチェックしたところ、伝わらない最大の原因は早口でした。
彼はよく響く恵まれた声を持っていたのですが、サービス精神旺盛で、言葉をたくさん連ねてしまうため、結果、早口となり、間がなく、息も浅くなり、声が上ずってしまう。
そして、余裕がない、落ち着きがない、軽い、という印象を相手に与えていたのです。
そこで、早口改善のためのトレーニングを行い、落ち着いた深い声、適切な速さで、冷静に言葉を選びながら話すように話し方を改めたところ、一方的に押し切られていた従来の構図から抜け出すことができ、商談もスムーズに行くようになり、売り上げがアップし、クレームも減ったという喜びの声が届きました。

早口改善のためのステップ1 適切な早さを実感すること

では、早口改善のための3つのステップをご紹介しましょう。
「ステップ1」は、「適切な速さを実感すること」です。
NHKの夜の7時のニュースでキャスターが話す速さは、1分間に約300~330字程度。
情報を伝えるとき、聞き手が理解しやすく、伝わりやすい速さの目安です。
今夜の7時のニュースで、キャスターの後に続いて、同じ言葉を繰り返してみてください。
「7時のニュースです」⇒「7時のニュースです」
「きょう、午前3時頃、○○県の○○高速道路○○付近で」⇒「きょう、午前3時頃・・・」
というように、後について同じようにアナウンスしてみることで、適切な話す速さを体感できます。
男性は男性キャスターの、女性は女性キャスターの「後追いアナウンス」をしてみると、声のトーンや間の取り方なども参考になります。

早口改善のためのステップ2 話す内容をまとめてから話す

次に「ステップ2」、「話す内容をまとめてから話す」ことを習慣にしてください。
言うべきことが頭の中でまとまらないままに話し始めると、一文(主語~述語まで)が長くなり、迷走しがちです。
また、考えながら話すため、聞き手に気持ちが向かず、「自分だけにつぶやく」ような話し方になり、相手の心に響きません。
「早口」にならないために、まず、準備をする、すなわち、「自分の中で言うべきことをまとめる」こと。
そして、「一文(主語~述語まで)は40文字以内を目安に」しましょう。
そのためには、「あれもこれも」ではなく、「言いたいことの7割が言えれば十分」と捉え、言うべきポイントを絞りこむことも大切です。

早口改善のためのステップ3 聞き手の反応を確認しながら話す

早口改善「ステップ3」は、「自分の声を聞き、聞き手の反応を確認しながら話す」ことです。
話している自分の声を、自分でちゃんと聞くようにしてみてください。
自分自身に納得させるつもりで話すと、自然な速さで間を取りながら話せます。
さらに、顔を上げ、聞き手の反応を確認しながら、言葉を手渡すような気持ちで話せば、共感が得られます。

最後に一つ、「ゆっくり話そう」「間(ま)を取ろう」「顔を上げよう」のような自分へのメモを、目に入るところに張っておくのも効果があります。
伝えたい相手に思いをしっかり受けとめてもらえるように、伝わりやすい速さを意識してみてください。

(川邊 暁美/話し方講師)

関連記事リンク(外部サイト)

もはや他人事ではない「ハラスメント加害者」にならないために
若い男性で進む「性の絶食化」背景を考察
万引き犯の「顔公開」に潜む法的リスク

カテゴリー : 政治・経済・社会 タグ :
JIJICOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。