ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

図書館でまちおこし!4月1日、太田市美術館・図書館グランドオープン

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

 

群馬県太田市の東武伊勢崎線太田駅北口前に『太田市美術館・図書館』が2017年4月1日(土)に、いよいよグランドオープンする。(グランドオープンに先駆けて、1月14日から一部サービスは開始)

 

太田市は人口20万人以上。県内では高崎市や前橋市に続き人口が多く、太田駅は一日の乗降者が一万人を越える。しかし、市民のほとんどが車で郊外のショッピングモールへ買い物にでかけ、駅前の商店街は閑散としている。

 

そこで太田市では、駅前に賑わいをもたらすランドマーク的複合施設として、市民のワークショップから生まれた『太田市美術館・図書館』の建設を計画。感性を刺激する「美術作品」と、創造的発想の源となる知識を提供する「図書資料」を同時に閲覧できる場を完成させた。

 

美術館には“ものづくりの街 太田市”にふさわしく、斬新な発想により人々の感性を刺激する多彩な美術作品を。図書館には「国際アンデルセン賞」を受賞した作品をはじめ、世界60ヵ国以上から集めた10,000冊を超える絵本児童書や、国内外の作家や表現者の作品集を絵画や写真など9,000冊のアートブックが揃うという。

 

街と人、人と街の“結び目”となる場所に

※建物は緩やかなスロープによって連続的に結ばれ、登ってゆけば自然に頂上に辿りつくことができる。

 

『太田市美術館・図書館』は、建物の東と西、南に3つの入り口があり、さまざまな方向から出入りが自由にできる。3方から人が集まり3方へと抜けられる建物の構造を、設計を担当した建築家の平田晃久氏は「街からやってた人は、この場所を通り、また街へと帰ってゆく。まるで結び目のような建物」と語る。

 

また館内のカフェには、地元で大人気のシアトル系コーヒーショップ「BLACKSMITH COFFEE(ブラックスミスコーヒー)」の新店舗『キタノスミス』が入り、太田市の魅力を美味しく伝える。特に、太田市の東毛酪農の牛乳を使った通称“激カワ ソフトクリーム”がSNSで人気に。「見た目がマシュマロのよう!」とプレオープン時から話題になっているそうだ。

 

成功例、続々。図書館新時代


話題沸騰中の武雄市図書館、徹底解剖! Discover Japan
Fujisan.co.jpより

いまや図書館は、旧態依然としたベストセラーや資料本を貸し出す図書館から、地域復興にも一役買う情報発信の場へと変わりつつある。

 

例えば、CCCグループと連携し“図書館もある本屋さん”という新しい公営図書館のカタチを示し成功した佐賀県武雄市の『蔦屋書店武雄図書館』をはじめ、駅舎に図書館を設け、村外からの利用者を5倍に増やした富山県中新川郡舟橋村の『舟橋村立図書館』。

 

また、産地直売所と図書館のコラボレーションを実現させオープンから2年で町の人口の34倍以上117万人が来場。“公民連携”の成功例といわれる、岩手県は紫波中央駅前の「オガールプラザ」内にある『紫波町図書館』など。

 

図書館が“町おこし”に一役買い成功例が増えるなか、図書館は“人と資料”ではなく“人と人(街)”を結びつける新しい存在へと変貌を遂げている。

 

ふれあい“まちじゅう図書館”も

太田市では町中の店や個人宅に本棚を置き、店主や個人が館長となる『まちじゅう図書館』の試みも行う。

 

例えば、酒屋さんならばお酒に関する本を。ペットショップならば動物の本を、という具合に本を介して店主や家人との会話を楽しんだり、疑問に思うことがあれば、その分野のプロである“町の図書館長”に聞き込みに出かけたりと、図書館を飛び出して、街へ“本物”に触れに行くのも面白い。

 

ゴルフや釣りなど店主の趣味や、思いの詰まったお気に入りの本などでも良く、個人宅でも玄関内に置いてくれる人なら“館長”として歓迎するそうだ。現在、市内 35 施設が参加し、参加施設には専用の緑のグラッグを掲げ目印にしてもらう。

 

『太田市美術館・図書館』は、人と人、街と街を繋ぐ“結び目”となるか。季節は春。温かな日和に誘われてアートや本、そして街にふれあうために出かけてみてはいかがだろうか。

カテゴリー : エンタメ タグ :
マガジンサミットの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。