ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

六本木のド真ん中に、英国風ラズベリーガーデンが出現!?

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

ミント錠菓「フリスク」のラインとして人気の「フリスクネオ」から、新フレーバー「フリスクネオ サワーラズベリー」が4月3日(月)に新登場。

それを記念して、六本木ヒルズ 大屋根プラザに、16~17世紀の英国のラズベリーガーデンを巨大トリック3Dアートで再現した「FRISK NEO 英国風ラズベリーガーデン」が、4月8日(土)・9日(日)の2日間限定で開園する。

ラズベリーは果実に甘みと酸味があるのが特長で、今や世界各地で多くの人に愛されている果物のひとつ。歴史的にはヨーロッパが原産と言われており、16~17世紀ごろ英国で栽培化され、世界中に広まっていったのが由来とか。

当日は参加者に、日本最大級の巨大トリック3Dアート(130平方メートル)で再現された、16~17世紀当時の英国風ラズベリーガーデンを楽しんでもらいながら、新フレーバー「フリスクネオ サワーラズベリー」(試供品)をサンプリングする。

実施時間は、4月8日(土)は11時~19時、9日(日)は10時~18時[※雨天時も決行]。

新フレーバー「フリスクネオ サワーラズベリー」286円(税抜)は、ラズベリーならではの甘酸っぱいおいしさが楽しめる、ジューシーなフルーツフレーバー。1粒の重さは従来の「フリスク」の約5倍で、味わいが長く楽しめる。丸みを帯びた三角の形状で、口当たりがよいのも特徴。

この機会に、甘酸っぱいラズベリーの風味が爽快感をもたらす「フリスクネオ サワーラズベリー」で、リフレッシュ体験してみて!

■『六本木ヒルズ 大屋根プラザ』
住所:東京都港区六本木6-10-1

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。