ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

カニエ・ウエストの6,000行のリリックをプログラムしてAIを「ラッパー」にした天才少年

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
カニエ・ウエストの6,000行のリリックをプログラムしてAIを「ラッパー」にした天才少年

AI(人工知能)の進化は、僕たちの想像を越えている。

小説を書いたり、作曲をしたり、将棋をしたり。最近では、ラップまで覚えたようだ。

AIにラップを教えたのは、米国ウエスト・バージニア州に住む17歳の少年ロビー・バレットくん。米国を代表するラッパーであるカニエ・ウエストの6,000行ものリリック(歌詞)をAIに覚えさせたのだ。AIは、リリックを並べ替えてラップソングを歌い、やがて、オリジナルのラップを歌い始めたという。

どれどれ。ふーん。聴いてみるとボカロみたいな音声ではあるけれども、ちゃんとライム(韻)を踏んでいるじゃん!

オープンソースの
ソフトウェアで
AIプログラムをコード化

ロビーくんが住んでいるのは、畑だらけの田舎町。シリコンバレーのようなハイテク環境とは天地の差だ。でも、この環境のおかげで、ロビーくんはオープンソースのソフトウェアを使って自らコードを書き、AIのプログラムを構築するようになったのだとか。

Python(パイソン)というプログラミング言語を学んでいたロビーくんは、半日でほとんどのコードを書いてしまい、残りの時間は最適化のために費やしたらしい。こうして、AIにはカニエ・ウエストの6,000行のリリックがインプットされて、ラップができるようになったという。

今の時代、オープンソースのソフトウェアがあれば、どこにいてもプログラミングが可能となり、ロビーくんのような発信もできてしまうのだ。

ロビーくんの夢は
大きく拡がる 

カニエ・ウエストの6,000行のリリックをプログラムしてAIを「ラッパー」にした天才少年

ここまでだって充分にスゴイのにロビーくんの夢はもっと大きな夢を描いている。

「数学、コンピュータサイエンス、そして、アートの要素を組み込んだプロジェクトに取り組みたいんだ」

そもそも、AIにラップをさせる件も、ロビーくんが通う高校のプログラミング・クラブでの賭けがきっかけだったのだとか。17歳の天才少年は、今後、どんなプログラムを完成させるのだろうか。今から、楽しみだ。Licensed material used with permission by Robbie Barrat

関連記事リンク(外部サイト)

医師 vs 人工知能。「寿命予測」でAIが20%も上回った!?
チェス、囲碁に続き空中戦も。人工知能が元米軍パイロットに圧勝
IBMの人工知能がレシピを考案!?人間には思いつけないアイデアが満載らしい

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。