体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

雨の日のお花見は渋谷で。場所取りしなくていいし、寒くもない

生活・趣味

春といっても、まだまだ肌寒いお花見シーズン。

でも、今年は大丈夫。寒さや場所取りなどのストレスとは無縁の、「エア花見」スポットを見つけました。

どんな気候でも楽しめる「エア花見」スポット

それは、渋谷のワインバル、「お花見バル ESOLA」。

雨が降っても肌寒くても、あたたかい屋内で、店内に咲いた満開の桜を愛でながら食事ができるバル。2017年4月30日(日)までの期間限定オープンとなっています。

桜にちなんだフォトジェニックなメニューがたくさん

20170329_hanami04.jpg

店に入って、まずお出迎えしてくれるのが、満開の桜とワイングラスのシャンデリア。一気にお花見気分を盛り上げてくれます。

20170329_hanami01.jpg

アボガドと牛フィレの桜ロッシーニ~ビーツのソース~ / 1,280円(税抜)

20170329_hanami02.jpg

トリュフが香るピンクカルボナーラ / 980円(税抜)

食事メニューは、「桜ダイとサーモンのカルパッチョ」や「桜エビと春キャベツのアヒージョ」、「アボガドと牛フィレの桜ロッシーニ~ビーツのソース~」など、桜をイメージしたフォトジェニックなラインナップ。

店内の桜と一緒に写真におさめれば、優雅なお花見ディナーの雰囲気を感じる1枚になります。

桜の花びらが浮かぶワインも楽しめる

20170329_hanami03.jpg

さらに、ワイン好きにはたまらない、桜に感謝したくなるようなプランも。

なんと、世界各国の約100種類ものワインが、 時間無制限1,990円(税抜)で飲み放題なのです。

店内中央にあるワインコーナーには、ワイングラスに自由に入れることができる「桜の花びら(食用桜使用、期間限定)」が。好きなワインに桜の花びらを自由に浮かべて、 オリジナルの「桜ワイン」を楽しむことができます。

「エア花見」なら、場所取りや花粉症のストレスもなし

お花見は大好きだけれど、花粉症がつらくてあまり参加できない私にとって、「エア花見」はとてもありがたいサービス。

場所取りの必要もないので、「今日あたり、花見どう?」なんて、そのときの気分でお花見できてしまえるところも便利です。

1 2次のページ
グリッティの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会