ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

【ビルボード】冨田勲の遺作『スペース・バレエ・シンフォニー ドクター・コッペリウス』ライブ盤が堂々の第1位

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
【ビルボード】冨田勲の遺作『スペース・バレエ・シンフォニー ドクター・コッペリウス』ライブ盤が堂々の第1位

 今週のBillboard JAPAN Top Classical Albumsは、冨田勲『スペース・バレエ・シンフォニードクター・コッペリウス』が、2位以下を大きく引き離して第1位に躍り出た。2016年11月11日、12日に渋谷・オーチャードホールで行われた冨田勲×初音ミク《ドクター・コッペリウス》コンサートのライブ盤だ。本作は冨田勲の遺作で、初音ミクがオケと合唱団をバックにダンサーたちとバレエを踊るという複合アート作品。冨田勲没後の連続チャートインを思い出させる、巨匠の衰えぬ人気ぶりを示す結果となった。

 第3位には二卵性双子のソプラノデュオ、山田姉妹のデビューアルバム『あなた~よみがえる青春のメロディー』がチャートイン。昭和の楽曲を愛してやまないという姉妹が厳選した、「翼をください」「見上げてごらん夜の星を」「なごり雪」「この広い野原いっぱい」などの昭和歌謡を収録。3月20日にデビュー・コンサートを開催した。

 他、6位と8位に、20世紀の巨匠オイゲン・ヨッフムのアルバムが2枚同時チャートイン。1960年代のベルリン・フィルと共演したブルックナーの第8番、第9番を、SA-CD~SHM化したものだ。text:yokano

◎【Billboard JAPAN Top Classical Albums】トップ10
1位『スペース・バレエ・シンフォニードクター・コッペリウス』冨田勲
2位『アニマ』サラ・オレイン
3位『あなた~よみがえる青春のメロディー』山田姉妹
4位『Piano Love II』大井健
5位『THE BEST』辻井伸行
6位『ブルックナー:交響曲第9番テ・デウム』オイゲン・ヨッフム
7位『ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番&第3番』カティア・ブニアティシヴィリ
8位『ブルックナー:交響曲第8番』オイゲン・ヨッフム
9位『0歳からの育脳クラシック』
10位『スター・クロスト・ラヴァーズ(幸薄き恋人たち) フレミング&ドミンゴ/愛のデュエット』ルネ・フレミング&プラシド・ドミンゴ

関連記事リンク(外部サイト)

4月3日付 Billboard JAPAN Top Classical Albums
『美少女戦士セーラームーン』初のクラシックコンサート開催! ゲストアーティストも決定
美術と音楽の幸せなマリアージュ【東京・春・音楽祭-東京のオペラの森-】ミュージアム・コンサート開催

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。