体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ギフトにもぴったりなホテルスイーツ「惑星ショコラ」

惑星ショコラ寄り<1>

宇宙の神秘的な美しさを見事に表現したホテルスイーツがある。大阪、リーガロイヤルホテルのチョコレート専門店「ショコラブティック レクラ」が販売する「惑星ショコラ」だ。

今年で誕生10年を迎える同商品は、色を重ねる順番、タイミングにこだわり、ひとつひとつ手作業で仕上げている。例えば『地球』は初めに青を塗り、青が固まりかけた頃合で白色を重ねたあと、すこし混ぜるようにして緑をのせていく。つややかな質感を保ちながら、それぞれの色が複雑に混ざり合ったチョコレートは「アート」と呼ぶにふさわしい完成度。

フレーバーは全部で10種類。ヘーゼルナッツ・ペーストとオレンジの香りが特徴の「火星」や、ホワイトチョコレートにレモンの酸味とやさしい甘さを添えた「金星」、マンゴーとココナッツの風味に爽やかなレモンの香りを加えた「水星」など、個性的でバリエーションに富んだ味わいを揃える。中でも「冥王星」は「ショコラブティック レクラ」10周年を迎えるにあたって開発した新商品。中は空洞になっていて、小惑星をイメージしたというかわいらしい金平糖が詰まっている。フランス語で「記憶」を意味する「mémoire(メモワール)」(チョコレート9種)のうちの1つとして、今年1月より販売を開始している(「冥王星」の個別販売はなし。「冥王星」、「太陽」以外8種は1粒から購入可能)。

また「実は『惑星ショコラ』には真ん中に線が入っており、上下で分かれるようになっています」とリーガロイヤルホテルの広報担当。1人で1箱を食べるのもいいが、真ん中で半分に分けて同じ味をシェアしながら楽しむのが、同店ショコラティエおすすめの頂き方なんだとか。

宇宙をイメージしたという黒い箱に収められた「惑星の輝き」(3種、5種、8種)、「太陽系チョコ懐石」(9種)は天文、宇宙好きにはたまらないギフトになること間違いなし。この春大切な人へ、小さな宇宙を贈ろう。

レクラ惑星<2>

ショコラブティック レクラ
大阪市北区中之島5-3-68(リーガロイヤルホテル 1 階)
TEL:06-6441-1308(直通)
営業時間:[4月1日~9月30日]11:30~18:30、[10月1日~3月31日]11:00~19:00 

NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。