体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『Missing Link』に見るV系シーンをけん引した才気! 結成25周年を迎えた生真面目なバンド、PENICILLIN

エンタメ

今回は90年代中盤のビジュアル系バンド黄金期に、その一角を成したバンド、PENICILLINを紹介する。そのバンドの特徴は以下に記すとして、特筆すべきは、これまでメンバー脱退こそあったものの、彼らはこの25年間、一度もその活動を休止していないことであろう。解散→再結成が一概に悪いとは言えないし、そりゃあ解散を嘆くことも、再結成を喜んだりすることも分かるが、本来、称えられるべきは活動を継続し続ける彼らのような存在である。25年もバンドを続ければ、まさに“継続は力なり”──褒められていい事実だと思う。彼らは結成25周年を記念したライヴツアー『25th ANNIVERSARY TOUR 25th Penicillin Shock』を5月に東名阪で開催する。このライヴはもっと注目されてしかるべきである。
『Missing Link』(’94)/PENICILLIN (okmusic UP's)

メジャーデビュー時の異例な展開
賢明な読者の皆様はすでにご存知のことかと思うが、この“これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!”では結成〇周年やデビュー〇周年という節目の年を迎えたアーティストを取り上げることが多い。結成20周年の10-FEET、RIZE、ムック、結成40周年のTHE STAR CLUB、そして先週はデビュー30周年のエレファントカシマシを取り上げた。この他にも“周年アーティスト”がスタンバっており、随時ご紹介していく予定であるが、少し前に編集部から「PENICILLINが今年結成25周年です。邦楽名盤でどうでしょうか? 推し盤はありますか?」とのメールをいただいた。正直に告白すると手元に彼らの音源がなかったので、「ま、いずれね…」くらいの気持ちで返信をしないでいたら、後日、「PENICILLINの音源はこちらに全部あります! まず『Missing Link』を聴いてください!」という掴みかからんばかりのメールをちょうだいしたので(かなり誇張)、流石に無視はできない。編集部の強い想いを忖度するしかない当方である。…と、楽屋落ちはこのくらいにして、今回はPENICILLINの1stフルアルバム『Missing Link』を取り上げつつ、彼らの軌跡、バンドとしての特徴を紐解いてみようと思う。
PENICILLINの結成は1992年、メジャーデビューが1996年である。所謂ビジュアル系バンドと分類して問題なかろう。90年代前半結成のビジュアル系バンドは数多く、それらのバンドたちの躍進が後にこのジャンルの黄金期を形成していく。PENICILLINはその一角を担うバンドであったばかりか、一時期はシーンをリードするバンドであったことは間違いない。彼らにバイオグラフィーを見てみると──まず、メジャーデビュー前、1995年2~7月の目黒鹿鳴館でのマンスリーライヴ、および同年9月の渋谷公会堂での初ホールワンマン公演をを即日ソールドアウトさせている。これだけでも十分にすごいが、この年、ミニアルバム『INTO THE VALLEY OF DOLLS』と『EARTH』の2作品を発表。加えて、翌月10月には前年にリリースした1stアルバム『Missing Link』を再流通させた。何がすごいかと言うと、この時、彼らはインディーズのまま、この3枚の作品をそれぞれ別のレコード会社から発売したのである。当時、筆者自身、「なかなか豪儀なことをやるものだな」と思った記憶があるし、その大胆な戦略は界隈でかなり話題になっていた。その翌年、1996年3月のシングル「Blue Moon /天使よ目覚めて」でメジャーデビューしたわずか4カ月後、日本武道館公演を実現させる。しかも2デイズ。当時としては極めて異例なスピードとスケールであった。PENICILLINの異例はまだある。その武道館公演の興奮も冷めやらぬなか、同年9月、メンバーがソロ活動をスタートさせる。HAKUEI(Vo)がシングル「ZEUS」を、千聖(Gu)がシングル「DANCE WITH THE WILD THINGS」を発表。その後、GISHO(Ba)は“大滝純”として歌手、俳優としてデビューし、O-JIRO(Dr)もユニット“808”を結成して音源をリリースしたのだ。今もバンドからのソロデビューとなると、ある程度の本隊での活動を経た上で、良くも悪くも新たな活路を見出すためのものであることがほとんどだが、メジャーデビュー直後のメンバーのソロ活動デビューは珍しいし、メンバー全員となると他に例がないのではないだろうか。これも当時かなり話題になったことを覚えている。当時のマネジメントが優秀でもあったのだろう。良い意味でビジネス的であり戦略的であり、それが上手くハマっていた。お見事であったと思う。

1 2 3次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会