ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

2016年ライブ市場調査、改修に伴う閉鎖などにより総売上額が前年比2.7%減〜ACPC調べ

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
2016年ライブ市場調査、改修に伴う閉鎖などにより総売上額が前年比2.7%減〜ACPC調べ

一般社団法人コンサートプロモーターズ協会(ACPC)は、2016年のライブ市場調査データを公開した(調査対象期間:2016年1月1日〜2016年12月31日)。

2016年の総公演数は前年同期比101.1%の29,862本、総動員数は同100.3%の4768万7760人、総売上額は同97.3%の3100億7830万円となった。

2016年は、改修に伴う閉鎖が大阪・大阪城ホール(1月7日〜3月6日)、神奈川・横浜アリーナ(1月12日〜6月30日)、埼玉・さいたまスーパーアリーナ(2月15日〜5月11日)で重なった。この閉鎖による減少分(※2015年の同期間に、各会場で実施された公演数を元にした参考値)として、3会場の合計116公演、動員数は131万2400人、市場規模は100億3430万円のマイナスが見込まれる。

アリーナ以外にも、日比谷公会堂(2016年4月より2020年まで)が改修によりクローズし、Zepp Fukuoka(5月8日閉館)シアターBRAVA!(5月29日閉館)ラフォーレミュージアム六本木(10月31日閉館)がクローズした。

国立競技場、日本青年館、渋谷公会堂の改修工事が継続する一方で、東京厚生年金会館、横浜BLITZ、SHIBUYA-AX、青山劇場、ゆうぽうとホールなど、数々のホールが閉館した影響も続いている。

上半期は590本(動員409万人)だったアリーナ公演は、下半期で925本(動員739万人)と急増しているが、スタジアム公演が前年の284本(動員979万人)より259本(動員785万人)に減少したこともあり、総売上額は前年より2.7%減となった。公演数・動員数は前年と同水準となっている。

ACPCライブ市場調査データ
http://www.acpc.or.jp/marketing/

関連リンク

コンサートプロモーターズ協会(A.C.P.C.)

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。