ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

東日本一の“丼”はコレ!SA・PAどんぶり王座決定戦結果発表

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

長いドライブの楽しみといえば、サービスエリアやパーキングエリアのグルメ。このほど、NEXCO東日本は、「第3回 NEXCO東日本 どんぶり王座決定戦!決勝大会」の結果を発表した。

このコンテストは、地域の特徴・特色を活かした個性的で魅力のある店舗づくりを目指すNEXCO東日本の取り組み「サービスエリア(SA)・パーキングエリア(PA)の『華づくり』」の一環として、各店舗が開発したオリジナルどんぶりの頂点を決定するもの。

第3回目となる今回は、NEXCO東日本の管轄するSA・PA149店舗の中から、地域ごとに分かれた9つの「ブロック大会」を勝ち抜いた11店舗と、前回、前々回グランプリの友部SA(上り線)を特別シード枠に加えた、計12店舗がグランプリを目指して、決勝大会に挑んだ。

今回、見事グランプリの栄冠に輝いたのは、茨城ブロック、常磐自動車道 Pasar守谷(上り線) 『茨城もりの市場食堂』の「常陸乃国の玉手箱 もりと海のわっぱ丼」1380円(税込)。

畜産品として「常陸牛」をメインに、銘柄豚「ローズポーク」、「ひたち鶏」を、海産品として平目、タコ、はまぐり、しらすを盛り付けた丼は、食の宝庫である茨城ならでは。一つ一つ下味を付けた手作りがポイントで、注文を受けてから蒸しあげるというこだわりよう。

中でも、口に入れた瞬間とろける「常陸牛」の煮込みと、時間をかけて煮込んだ「ローズポーク」のチャーシューが自慢だとか。

また、準グランプリには、2品(順不同)が選ばれた。

群馬・長野ブロック、上信越自動車道 横川SA(上り線)、『たびーとキッチン』の「上州牛 三度の肉めし」1350円(税込)は、脂質の風味と赤身の味の調和が楽しめる群馬県産「上州牛」、粘りと香りの強い群馬特産「大和芋」の絶品コラボ!はじめはそのまま食べて、次にとろろ、最後はお吸い物をかけて、と3度美味しい丼に仕上げた。

茨城ブロック、常磐自動車道 友部SA(上り線)、『珠玉の蔵』の「“茨城を食べつくそう第3章”アロエ丼~茨城の最上で希少なおもてなし~」1500円(税込) は、茨城県の誇る「常陸牛」を低温調理法でじっくり焼き上げ、ローストビーフ丼に。また、大洗の名店「森寅」の3種の干物をオリーブ、トマト、レモンなどと組み合わせ、イタリアンテイストな干物丼にした。

ほか、審査委員特別賞(順不同)には、青森・岩手・秋田ブロック、東北自動車道 岩手山SA(下り線)、「焼走り熔岩流 黒かつ丼」860円(税込)と、

宮城・福島ブロック、東北自動車道 安達太良SA(上り線)、「ローストビーフの提灯祭り丼」1480円(税込)が選ばれた。

決勝大会出場12メニューは、該当SA・PAにて販売中。詳しくはドラぷら特設ページにてチェックして。春の行楽シーズン、SA・PA自慢の味をご賞味あれ!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。