体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

桜は見て良し、食べても良し!桜の塩漬けの効能と簡単レシピ《栄養士解説》

桜は見て良し、食べても良し!桜の塩漬けの効能と簡単レシピ《栄養士解説》
季節はすっかり春。日本気象協会によると東京は4月1日に桜が満開と予想されておりますが(参考)、桜は見るだけでなく食べることも出来るってご存知でしたか?

もちろん、そのまま食べるのではなく、桜の塩漬けにすると彩りも鮮やかで、料理に花を添えてくれますよ。

そこで今回は桜の効能、食べる際の注意点、簡単な桜の塩漬けレシピなどを、栄養士の横川先生に解説していただきました。

桜の花びらは生のままでも食べられる?

桜は見て良し、食べても良し!桜の塩漬けの効能と簡単レシピ《栄養士解説》
生のまま食べても美味しいものではないため、滅多に食べることはありませんが、公園などに咲いている桜をそのまま食べても特に害はありません。

しかし、公園の桜は農薬などがまかれている可能性が高いため実際に食べることはおすすめできません。

もし、食べる場合はどのような管理をされたのか、などを確認してからが良いでしょう。

塩漬けにできる桜の種類

桜は見て良し、食べても良し!桜の塩漬けの効能と簡単レシピ《栄養士解説》
主に花びらは関山などの八重桜が使われ、七分咲きの花びらを、軸ごと摘みとって塩漬けにします。

また、八重桜が使われる理由として形がしっかりして色が濃く、香りが良いことがあげられ、キレイなピンク色が料理を華やかに見せてくれます。

他にも、葉の塩漬けには甘い香りが強く、柔らかくて食べやすい大島桜を使用します。

桜を塩漬けにする理由

桜は見て良し、食べても良し!桜の塩漬けの効能と簡単レシピ《栄養士解説》
塩漬けする前はありませんが、桜の花や葉っぱを塩漬けにすると、バニラに似たような香りがするクマリンと言う芳香成分が生まれ、香りがよくなるためです。

また、ものにもよりますが常温で1年ほど保存が効き、桜の葉やキレイなうすピンク色の花びらを楽しみたいときに、季節を問わずおにぎりやパスタなどの料理のアクセントになることもメリットです。

桜の効能

桜は見て良し、食べても良し!桜の塩漬けの効能と簡単レシピ《栄養士解説》
桜に含まれるクマリンといった成分によって、以下の様な効能が期待できます。

1 2 3次のページ
Doctors Me(ドクターズミー)の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会