体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

お酒を飲むと赤くなる人は骨折しやすい?予防にはビタミンEが効果的【最新研究】

お酒を飲むと赤くなる人は骨折しやすい?予防にはビタミンEが効果的【最新研究】
2017年3月27日(月)慶応大学で行われた研究において、飲むと赤くなりやすい人は骨粗しょう症による大腿骨近位部骨折のリスクが高く、また、ビタミンEがリスク軽減に役立つことが判明しました。(参考)

アルコールと骨に意外な関係があるとされますが、一体どのような研究が行われたのでしょうか?

今回は慶応大学が行った研究概要、骨折を予防する対策、ビタミンEの健康効果などを医師に解説していただきました。

慶応大学が行った研究

お酒を飲むと赤くなる人は骨折しやすい?予防にはビタミンEが効果的【最新研究】

研究背景

太ももの中にある大腿骨は、お年寄りが転倒すると股関節部分で折れてしまいやすい骨です。

大腿骨が折れると手術と長期入院が必要になり、お年寄りは一気に体力が落ち、そのまま寝たきりになったり、認知症が進む方もおられ、社会的に問題となっています。

骨粗しょう症で骨がもろくなっていると特に骨折しやすいです。

研究内容

今回慶応大学から発表された研究では、大腿骨骨折を起こした人には、遺伝子の観点から見て、どのような特徴があるかを調査いたしました。

研究結果

骨折を起こした人ではALDH2という遺伝子のある部分に、rs671という変化が見られ、骨折しやすさが2.48倍高くなりました。

rs671による変化によって、アセトアルデヒドが体内に溜まりやすくなり、骨を修復する骨芽細胞の機能を妨げるため、お酒を飲んで顔が赤くなる人は、そうでない人に比べて2.5倍大腿骨骨折を起こしやすいということが判明しました。

■ ALDH2とは

ALDH2はアルコールを体内で分解する際に働く遺伝子で、rs671という変化があると、アルコール分解の過程で生じるアセトアルデヒドという物質が体内に溜まりやすくなります。

■ アセトアルデヒドとは

アセトアルデヒドは脈拍や血圧を上げることで、顔が真っ赤になるflash syndromeを起こしたり、二日酔いや頭痛の原因となります。

また、ビタミンEを取ることで骨芽細胞の機能を活性化させ、 骨折リスクを少なくできるかもしれないということもわかりました。

考察

わざわざ遺伝子検査をしなくても、自分が骨折しやすいかどうかが分かり、転倒予防を早めにするなどの対策が取りやすくなると考えられます。

《参照》

・慶応大学

ビタミンEと骨の関係

お酒を飲むと赤くなる人は骨折しやすい?予防にはビタミンEが効果的【最新研究】
過去に日本でおこなわれた研究で、ネズミに、人間でいうと一日に1000㎎に相当する大量のビタミンEを飲ませたところ、骨を破壊する破骨細胞が活性化してしまい、骨粗しょう症を招くという結果があります。

しかし、適量のビタミンEは骨の維持に必要と考えられており、慶応大学で行われた研究ではビタミンEが良いと言う結果が現われていました。

ビタミンEと骨を作る骨芽細胞の機能の関係に関しては、まだ研究段階の事項であるものと考えられます。

《参照》
・Nature Medicine

骨折予防をするのに効果的な対策

お酒を飲むと赤くなる人は骨折しやすい?予防にはビタミンEが効果的【最新研究】

栄養素

骨の原料となるカルシウムやタンパク質、小腸や腎臓からのカルシウム吸収を促進するビタミンDを取ることが重要です。

骨を壊す破骨細胞の機能を抑制することで、骨粗しょう症を治療する飲み薬・点滴薬が存在しますので、骨量が少ない方には投与されることがあります。

1 2次のページ
Doctors Me(ドクターズミー)の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。